gredセキュリティレポートVol.6を公表、1月のGumblar被害拡大の速報も(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

gredセキュリティレポートVol.6を公表、1月のGumblar被害拡大の速報も(セキュアブレイン)

 株式会社セキュアブレインは1月22日、同社が運用する無料Webセキュリティサービス「gredでチェック」で収集した情報を基にしたセキュリティレポートの最新版、「セキュアブレインgredセキュリティレポートVol.6【2009年12月分統計】」を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社セキュアブレインは1月22日、同社が運用する無料Webセキュリティサービス「gredでチェック」で収集した情報を基にしたセキュリティレポートの最新版、「セキュアブレインgredセキュリティレポートVol.6【2009年12月分統計】」を発表した。

 本レポートは、同社が運用する無料のWebセキュリティサービス「gredでチェック」で収集した情報を基に「セキュアブレイン先端技術研究所」で分析を行い、その結果をまとめたもの。分析によると、2009年12月に「危険」と判断されたWebサイトの件数は2,605件。10月の3,621件以降、減少傾向にあり前月比は78.4%だった。脅威別では、「フィッシング詐欺」が前月比71.2%、「不正改竄サイト」同80.3%、「不正プログラム」同39.1%、「不正攻撃サイト」同46.4%と、前月より大きく減少。変わらないのは「ワンクリック不正請求」で、前月とほぼ同じ(11月778件、12月773件)となっている。

 またレポートでは、2010年初頭から猛威を振るった「Gumblar(ガンブラー)」にも言及しており、2010年1月19日現在のデータを公開している。それによると、「gredでチェック」で「危険」とされたサイト2,181件中、「不正改竄サイト」の検知件数は1,085件(49.7%)、Gumblarウイルスに感染したサイトは729件(「不正改竄サイト」報告件数の67.2%、「危険」サイトの33.4%)だった。前回Gumblarウイルスの被害が多数報告された2009年10月や12月との比較もされており、今回の被害の大きさ、企業サイトが狙われたことなどがデータからも裏付けられている。

http://www.securebrain.co.jp/about/news/2010/01/gred-report6.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×