IEのポインタ参照処理の脆弱性(CVE-2010-0249)検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

IEのポインタ参照処理の脆弱性(CVE-2010-0249)検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は1月18日、MicrosoftのInternet Explorer(IE)で確認された脆弱性(CVE-2010-0249)に関する検証レポートを公開した。この脆弱性は、細工されたWebページの閲覧などでローカルユーザと同じ権限が奪取される危険性があるというもの。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は1月18日、MicrosoftのInternet Explorer(IE)で確認された脆弱性(CVE-2010-0249)に関する検証レポートを公開した。この脆弱性は、細工されたWebページの閲覧などでローカルユーザと同じ権限が奪取される危険性があるというもの。この脆弱性を悪用した攻撃事例はすでに存在し、有名企業での被害も発生しているという。

 同社では、Windows XP SP2上のIE6をターゲットシステムとして、この脆弱性の再現性を検証した。ターゲットシステムから特定のサーバ、ポートへコネクションを確立させるよう誘導し、システム制御の奪取を試みる検証を行った。この結果、誘導先のコンピュータのコマンドプロンプト上でターゲットシステムにおいてコマンドの実行結果が表示され、システムの制御の奪取に成功した。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20100118.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×