2009年は「Gumblar」が猛威をふるった1年(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

2009年は「Gumblar」が猛威をふるった1年(マカフィー)

 マカフィー株式会社は1月12日、2009年の日本におけるコンピュータ脅威の総括を発表した。発表によると、2009年は、「Gumblar」が猛威をふるったことが特徴的であった。Gubmlarの感染は、ユーザが不正にiframeを埋め込まれたサイトを閲覧することから始まり、次にIfram

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マカフィー株式会社は1月12日、2009年の日本におけるコンピュータ脅威の総括を発表した。発表によると、2009年は、「Gumblar」が猛威をふるったことが特徴的であった。Gubmlarの感染は、ユーザが不正にiframeを埋め込まれたサイトを閲覧することから始まり、次にIframeにより難読化されたJavaScriptが実行され、脆弱性のあるPDFファイルやFlashファイルがダウンロードされた後、その脆弱性によりパスワードスティーラーをはじめとしたマルウェアが最終的にインストールされる。

 検知会社数の年間トップ10にランクインしている「Obfuscated Script.f」「Obfuscated Script.f.gen」「Exploit-ObfuscatedHtml」「JS/Obfuscated」といった検知名は、このような難読化されたJavaScriptやHtmlを対象にしたもの。2009年4月にGumblarが発見されて以来、手口を変えつつも活発な活動が観測されており、現在にいたっても感染被害が後を絶たない。この傾向は2010年も続く可能性がある。外部メディア経由で感染するワーム「Generic!atr」とそれによってインストールされるオンラインゲームのパスワードスティーラー「Generic PWS.ak」「PWS-Gamania.gen.a」「PWS-MMorpg.gen」も年間トップ10にランクインしているが、これらの脅威は、ここ数年にわたって観測されている。

マカフィー、2009 年の日本におけるコンピュータ脅威を総括
http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_10a.asp?pr=10/01/12-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×