Firefoxの脆弱性検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

Firefoxの脆弱性検証レポートを公開(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は12月22日、Firefoxのlocationオブジェクト処理に確認された脆弱性(CVE-2009-3985)に関する検証レポートを公開した。この脆弱性は、細工されたHTMLファイルを閲覧した場合に、ブラウザのアドレスバーに表示されるURLを詐称される危

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は12月22日、Firefoxのlocationオブジェクト処理に確認された脆弱性(CVE-2009-3985)に関する検証レポートを公開した。この脆弱性は、細工されたHTMLファイルを閲覧した場合に、ブラウザのアドレスバーに表示されるURLを詐称される危険性があるというもの。この脆弱性により、フィッシングによってユーザ情報やクレジットカード情報などを窃取される危険性がある。

 同社では、Firefox 3.0.15がインストールされたWindows XPをターゲットシステムとして、細工されたHTMLファイルを表示することでアドレスバーに表示されるURLを詐称する検証を行った。この結果、ターゲットシステムのブラウザのアドレスバーに詐称したURL(https://www.google.com/)が表示され、偽サイト(http://10.100.0.130/firefox/CVE-2009-3985.html)のコンテンツの表示に成功した。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20091222.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×