Oracleデータベースの監査ツールにPCIDSSテンプレートを追加(アクアシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

Oracleデータベースの監査ツールにPCIDSSテンプレートを追加(アクアシステムズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社アクアシステムズは12月9日、データベース監査ツール「AUDIT MASTER」の、対応シーン別レポートテンプレートシリーズに、新たに「PCI DSS編」を公開した。PCI DSSの「要件10」における、「データベースログのモニタリング」に対応する。

 PCI DSSは、クレジットカード会社が推進するクレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された、クレジットカード業界の国際セキュリティ基準で、具体性に富んでおり、近年クレジットカード業界にとどまらない活用が進んでいる。

 AUDIT MASTERのPCI DSS編テンプレートを用いることで、重要データへのアクセス、管理者権限による全操作他、要件10に対応したモニタリングレポートを利用することができる。

http://www.aqua-systems.co.jp/news.php?eid=00076
https://www.netsecurity.ne.jp/pcidss/glossary.html#M-R
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×