サイバー犯罪者の欲はオンライン上のリソースを貪る--2009年を総括(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

サイバー犯罪者の欲はオンライン上のリソースを貪る--2009年を総括(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 エフセキュアは12月2日、「エフセキュア2009年度セキュリティ総括」を発表した。これによると、2009年度のセキュリティ総括のハイライトとして、経済不況に関係なく増加し続けるマルウェアと亜種の多様化、ネットワークを介して広がる「Conficker」ワームの大量感染、Windows 7の登場による、ユーザエクスペリエンスとセキュリティ機能の改善、iPhoneを標的にしたマルウェアが登場を挙げている。

 同社のセキュリティ研究所CRO(主席研究員)であるミッコ・ヒッポネン氏は2009年度を振り返り、「年々巧妙化しているオンラインセキュリティの脅威はとどまること知らず、減少するどころか増えつずけており、金銭を目的としたオンライン犯罪がモチベーションになっていることに変わりはありません」また「膨らみ続けるサイバー犯罪者の私利私欲は、オンライン上にあるリソースを貪っており、2009年は特にその傾向が強くなっています」と述べている。


http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2009/fs-news_20091202_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×