CISOの相談室 第21回 海外のセキュリティ製品利用時の注意点を教えて下さい | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.18(金)

CISOの相談室 第21回 海外のセキュリティ製品利用時の注意点を教えて下さい

特集 特集

 会社で、海外のITセキュリティ製品を利用するにあたってどんなことに注意すればいいでしょうか? 海外と日本のセキュリティ事情の違いを踏まえて教えて下さい。

回答は最後にあります

◎ 相談室にご相談をお寄せください
メールでのご相談 scan@ns-research.jp
Webフォームからのご相談 https://shop.ns-research.jp/form/fm/qa



●遅れる日本語化

 特に海外のネットワーク系セキュリティ製品に言えることですが、製品の日本語化が進んでいません。未だに最新のセキュリティ製品は英語版のままです。日本人は当然日本語の製品や説明を期待しています。それにもかかわらず、製品ばかりかマニュアルすら日本語になっていない製品が後を絶ちません。

 笑えない実話ですが、どうしても日本語版が使いたいというユーザは、セキュリティレベルを犠牲にして、一世代昔の製品を使っているのです。今後の製品作りは、開発当初からマルチランゲージを意識して、世界同時発売や同時アップデートであるべきです。この点についてはMicrosoft社を見習ってほしいものです。

●海外とのセキュリティ事情の違い

 海外と日本との違いに、古いOSや遅いマシンへの対応があります。 日本では特に自治体や学校で、未だに古いOSやマシンを利用しています。5年などの長期リースでマシンを導入したために、リースが終了するまでは新しいマシンが買えないというのが主な理由です。ところが、MicrosoftがOSのサポート打ち切りをアナウンスすると、多くのセキュリティベンダー達も「待っていました!」とばかりに古いOSのサポートを打ち切ります。それでも、ユーザは古いOSのマシンをネットワークにつないで使い続けているわけで、セキュリティ製品がそのマシンを対応しなくなった場合、そこがセキュリティホールになり、ウイルスが侵入してきたり、攻撃の標的になったりすることは当然の結果と言えます。

 また、OSのパッチも日本では問題になるところです。海外製品では、OSに最新のパッチが当たっていることがセキュリティ製品の機能を保障する仕様となっている事が多いのです。ところが、日本の多くの企業では可用性こそが最重要で、稼働中のシステムにパッチを当てることでシステムに問題が出ることを恐れ、テストマシンでのパッチの評価が終わらまでは本番サーバにパッチを当てないとか、恐ろしいことに半年以上もサーバにパッチが当たっていないという企業もざらにあります。このような理由から、海外に比べ、日本ではセキュリティ製品のアップデートがいつも後手に回っているのです。

 また、オーバースペック、つまり、セキュリティも行き過ぎてしまっては…

【執筆:せきゅバカ一代】
<執筆者略歴>
セキュリティ業界で15年。
現在は某セキュリティ会社の社長を勤める。
自ら世界中を駆け巡って新技術を収集している。

◎ 相談室にご相談をお寄せください
メールでのご相談 scan@ns-research.jp
Webフォームからのご相談 https://shop.ns-research.jp/form/fm/qa
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

    [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. ISMS認証とは何か■第1回■

    ISMS認証とは何か■第1回■

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第1回「プロローグ」

  8. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  9. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 低年齢層のネット利用 8 割超え、サイバー犯罪カジュアル化も

  10. シンクライアントを本当にわかっていますか 〜意外に知られていないシンクライアントの真価

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×