大企業からの請求を装うウイルスメールに注意喚起(G DATA) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

大企業からの請求を装うウイルスメールに注意喚起(G DATA)

 G Data Software株式会社は11月20日、偽の支払請求メールを送りクレジットカード情報を盗む、危険度の高いトロイの木馬(バンキング・トロージャン)の大量発生について注意喚起を発表した。G Dataセキュリティラボによると、11月18日未明より危険度の高いスパムメール

製品・サービス・業界動向 業界動向
 G Data Software株式会社は11月20日、偽の支払請求メールを送りクレジットカード情報を盗む、危険度の高いトロイの木馬(バンキング・トロージャン)の大量発生について注意喚起を発表した。G Dataセキュリティラボによると、11月18日未明より危険度の高いスパムメールの大量拡散を確認している。サイバー犯罪者は、支払請求を装った内容のメールを数百万通単位で断続的に拡散させている。

 このメールにはトロイの木馬が添付されており、クレジットカードの番号とオンラインバンキングのログイン・データを窃取することを目的としているという。特に、マイクロソフト、シトリックス(Citrix)、デルタ航空、スターバックス、ヤフー、ノベル(Novell)、ブラック&デッカー(Black & Decker)、エイビス(Avis)、コカコーラ、NBCユニバーサル、スタインウェイ、ジョーンズ・ソーダ、ネットゼロ(NetZero)など、支払請求にさまざまな大企業名を使用していることが特徴でであるとしている。


http://gdata.co.jp/press/archives/2009/11/post_68.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×