データベース監視製品「Guardium」のVMware対応ソフトウェア版を販売開始(エアー) | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

データベース監視製品「Guardium」のVMware対応ソフトウェア版を販売開始(エアー)

 株式会社エアーは11月12日、同社が国内マスターディストリビュータとして販売している米Guardium社のデータベース(DB)監視製品「Guardium」(旧名称:SQL Guard)について、従来のアプライアンス製品に加え、VMware対応ソフトウェアパッケージ製品の販売を開始するこ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社エアーは11月12日、同社が国内マスターディストリビュータとして販売している米Guardium社のデータベース(DB)監視製品「Guardium」(旧名称:SQL Guard)について、従来のアプライアンス製品に加え、VMware対応ソフトウェアパッケージ製品の販売を開始することを発表した。

 Guardiumは、DBトラフィックを監視して「誰が」「何を」「どこで」「どのようにして」操作したかを検出し、レポートを生成すると同時にリアルタイムの接続遮断やアラート通知を行うことができるデータベース監視製品。Oracle、SQL Server、DB2、Sybase、Informix、MySQLなど異種データベースが混在する環境に対応し、既存環境に負荷を与えずに導入できるパケットキャプチャ&ローカルアクセス取得型のスケーラブルな製品。

 今回、ソフトウェア版の提供開始により、規模や配置にあわせたサイジングやサーバ構成がより柔軟に行えるようになり、データセンターなどでの構築にもさらに対応しやすくなる。対応するVMwareバージョンはVMware ESX Server 3.x以上。価格は5,900,000円〜。

http://www.air.co.jp/article.php/release59
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×