WindowsのSMBのDoS攻撃の脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

WindowsのSMBのDoS攻撃の脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月13日、WindowsのSMB(KeAccumulateTicks関数)のDoS攻撃の脆弱性に関する検証レポートを発表した。MicrosoftのSMB(Server Message Block)のKeAccumulateTicks関数にDoS攻撃を受ける脆弱性が確認されており、この脆弱性によりシステムで無限ループが発生し、システム停止を引き起こされる危険性がある。同社ではこの脆弱性について、再現性の検証を行った。

 検証は、Windows 7 日本語版をターゲットシステムとして、ターゲットに悪意あるユーザが用意したサイトのSMBに対して通信を要求させることで無限ループを発生させ、システム停止を引き起こすことを試みた。この結果、ターゲットシステムはフリーズし、一切の操作が不能となった。これにより、ターゲットシステムの停止に成功したことになる。なお、11月13日現在修正プログラムはリリースされていない。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20091113_2.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×