mixiアプリ「サンシャイン牧場」に不具合、クレジットカード情報などが閲覧可能な状態に(mixi) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

mixiアプリ「サンシャイン牧場」に不具合、クレジットカード情報などが閲覧可能な状態に(mixi)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 中国Rekoo Media社は11月2日、同社がSNS「mixi」上で運営しているmixiアプリ「サンシャイン牧場」のシステムに不具合が発生し、最大約4,200名分のクレジットカード情報を含む個人情報が閲覧可能な状態にあったことが判明したと発表した。同社は10月21日20時30分から課金サービスを開始しており、課金決済サービスは、日本国内のクレジットカード決済代行会社を採用している。

 10月23日午前に、同社サーバの課金システムに不具合があることを発見し、課金サービスを停止した。調査の結果、クレジットカードでゲーム内通貨を購入しようとしたユーザ約4,200名分の電話番号やメールアドレスが外部から閲覧できる状態になっていたことが判明した。同サービスでは課金サービスの開始後、約80名が購入したアイテム約38万円分の記録が消滅するなどのトラブルも発生している。


http://mixi.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×