国内メッセージングセキュリティ市場規模予測を発表(IDC) | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

国内メッセージングセキュリティ市場規模予測を発表(IDC)

 IDC Japan株式会社は10月13日、国内メッセージングセキュリティ市場の予測を発表した。なお、同社ではメッセージングセキュリティを、アンチマルウェア、コンテンツフィルタリング、暗号化、DLP(情報漏えい対策)を電子メール、インスタントメッセージに提供するソリ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 IDC Japan株式会社は10月13日、国内メッセージングセキュリティ市場の予測を発表した。なお、同社ではメッセージングセキュリティを、アンチマルウェア、コンテンツフィルタリング、暗号化、DLP(情報漏えい対策)を電子メール、インスタントメッセージに提供するソリューションで、ソフトウェア、アプライアンス、SaaS/クラウドの各プラットフォームで提供されるものと定義している。

 発表によると、国内メッセージングセキュリティ市場は、2008年後半に発生した経済不況の中で堅調に成長し、市場規模は前年比23.6%増の171億円に達した。2009年は景気後退の影響でプロジェクトでの製品導入は苦戦するものの、ライセンス更新ビジネス体系をベースに堅調に推移し、2008年から2013年の年間平均成長率は10.6%、2013年には284億円に拡大すると予測している。

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20091013Apr.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×