セキュリティホール情報<2009/09/24> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

セキュリティホール情報<2009/09/24>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

以下のセキュリティホール情報は、日刊メールマガジン「Scan Daily Express」の見出しのみを抜粋したものです。「Scan Daily Express」では、全文とセキュリティホールの詳細へのリンクURLをご覧いただけます。★ お申込みはこちら ★https://www.netsecurity.ne.jp/14_3683.html<プラットフォーム共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽Apple iTunes───────────────────────────Appleは、iTunesのセキュリティアップデートを公開した。このアップデートによって、リモートからコードを実行されるセキュリティホールが解消される。2009/09/24 登録危険度:高影響を受けるバージョン:8.2未満影響を受ける環境:Mac OS X、Windows回避策:8.2へのバージョンアップ▽Horde Application Framework───────────────────Horde Application Frameworkは、細工された一時的なファイル名をHorde_Form_Type_image element typesに送ることでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上に任意のファイルを作成されたり任意のファイルを上書きされる可能性がある。2009/09/24 登録危険度:影響を受けるバージョン:3.2.5未満影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:3.2.5以降へのバージョンアップ▽HBcms──────────────────────────────HBcmsは、細工されたSQLステートメントをupdate_article_hits.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.7影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Alibaba Clone──────────────────────────Alibaba Cloneは、細工されたSQLステートメントをoffers_buy.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:3.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Vastal I-Tech DVD Zone──────────────────────Vastal I-Tech DVD Zoneは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Vastal I-Tech Agent Zone─────────────────────Vastal I-Tech Agent Zoneは、細工されたSQLステートメントをview_listing.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽JoomlaFacebook component for Joomla!───────────────JoomlaFacebook component for Joomla!は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Vastal I-Tech MMORPG Zone────────────────────Vastal I-Tech MMORPG Zoneは、細工されたSQLステートメントをview_news.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽BakBone NetVault Backup─────────────────────BakBone NetVault Backupは、過度に長い値を含む細工されたUDPあるいはTCPパケットをポート20031に送ることでDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にサービスをクラッシュされる可能性がある。2009/09/24 登録危険度:低影響を受けるバージョン:8.22 build 29影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません ▽BPowerHouse BPLawyerCaseDocuments────────────────BPowerHouse BPLawyerCaseDocumentsは、細工されたSQLステートメントをemployee.aspxスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽BPowerHouse BPHolidayLettings──────────────────BPowerHouse BPHolidayLettingsは、細工されたSQLステートメントをsearch.aspxスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽SportFusion component for Joomla!────────────────SportFusion component for Joomla!は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:0.2.2、0.2.3影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽BPowerHouse BPGames───────────────────────BPowerHouse BPGamesは、細工されたSQLステートメントをmain.phpあるいはgame.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽BPowerHouse BPStudent──────────────────────BPowerHouse BPStudentは、細工されたSQLステートメントをstudents.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽BPowerHouse BPMusic───────────────────────BPowerHouse BPMusicは、細工されたSQLステートメントをmusic.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽PAD Site Scripts─────────────────────────PAD Site Scriptsは、細工されたSQLステートメントをlist.phpあるいはrss.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:3.6影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Thin───────────────────────────────Thinは、X-Forwarded-Forヘッダに信頼できるIPアドレス値を含む細工されたHTTPリクエストを送ることでスプーフィング攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に機密情報を奪取される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.2.3影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:ベンダの回避策を参照▽Snort──────────────────────────────Snortは、Stream5 preprocessorが有効な際にDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にコンピュータを応答不能にされる可能性がある。2009/09/24 登録危険度:低影響を受けるバージョン:2.8.1〜2.8.5 Beta影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:2.8.5以降へのバージョンアップ▽MyBB───────────────────────────────MyBBは、細工されたSQLステートメントをsearch.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.4.8影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:ベンダの回避策を参照▽CMScontrol────────────────────────────CMScontrolは、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:7.x影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽ProdLer─────────────────────────────ProdLerは、細工されたURLリクエストをprodler.class.phpに送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:2.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Loggix──────────────────────────────Loggixは、細工されたURLリクエストを送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:9.4.5影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽mytube andf MyRemote Video Gallery component for Joomla!─────mytube andf MyRemote Video Gallery component for Joomla!は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0 beta影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Joomla! Integrated Newsletters Component─────────────Joomla! Integrated Newsletters Component(JINC)は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:0.2影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽cP Creator────────────────────────────cP Creatorは、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:2.7.1影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽WX-Guestbook───────────────────────────WX-Guestbookは、細工されたSQLステートメントをlogin.phpあるいはsearch.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.1.208影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽JBudgetsMagic component for Joomla!───────────────JBudgetsMagic component for Joomla!は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:0.3.2、0.4影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Firewall Builder─────────────────────────Firewall Builderは、不安定な一時ファイルを作成することが原因でシムリンク攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上の任意のファイルを上書きされる可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:3.0.4、3.0.5、3.0.6影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:3.0.7以降へのバージョンアップ▽Survey Manager component for Joomla!───────────────Survey Manager component for Joomla!は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.5.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽BAROSmini────────────────────────────BAROSminiは、細工されたURLリクエストを送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:0.32.595影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Drupal──────────────────────────────Drupalは、細工されたHTTPリクエストを送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のスクリプトコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:6.0〜6.13影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:ベンダの回避策を参照▽FSphp──────────────────────────────FSphpは、細工されたURLリクエストをFSphp.phpスクリプトに送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:0.2.1影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽DDL CMS─────────────────────────────DDL CMSは、細工されたURLリクエストを特定のスクリプトに送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Mozilla Firefox─────────────────────────Mozilla Firefoxは、細工されたファイルを/tmpディレクトリに保存し、それをDownloadsウィンドウから開くことでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:3.5.2影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Opera──────────────────────────────Operaは、サードパーティCookieを適切に処理していないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にユーザのアクセス履歴を追跡される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:9.0〜9.64影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:10以降へのバージョンアップ▽XFsection module for XOOPS────────────────────XFsection module for XOOPSは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.12a影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽phpspot製品───────────────────────────複数のphpspot製品は、「/../」を含む細工されたURLリクエストを送ることでディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上の任意のファイルを閲覧される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:PHP & CSS Forum ja、PHP Bulletin Board CE ja、PHP Forum ja、PHP image capture board ja、PHP_RSS_Builder ja、webshot ja影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:ベンダの回避策を参照▽FanUpdate────────────────────────────FanUpdateは、細工されたSQLステートメントをshow-cat.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:2.2.1影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Zainu──────────────────────────────Zainuは、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽RADactive I-Load─────────────────────────RADactive I-Loadは、細工されたHTTPリクエストを送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のスクリプトコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:R2影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽IBM WebSphere Application Server─────────────────IBM WebSphere Application Serverは、6.1.0.23および6.1.0.25のフィックスパックのエラーが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:6.1影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:ベンダの回避策を参照▽Album component for Joomla!───────────────────Album component for Joomla!は、「/../」を含む細工されたURLリクエストをindex.phpスクリプトに送ることでディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上の任意のファイルを閲覧される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.14影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽koesubmit component for Mambo──────────────────koesubmit component for Mamboは、細工されたURLリクエストをkoesubmit.phpスクリプトに送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽PHP───────────────────────────────PHPは、imagecolortransparent() のカラーインデックスと関連する公表されていないエラーが原因でセキュリティホールが存在する。この問題は、攻撃者に悪用される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:5.2.0〜5.2.10影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:5.2.11以降へのバージョンアップ▽Nephp Publisher─────────────────────────Nephp Publisherは、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:4.5影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽CF Shopkart───────────────────────────CF Shopkartは、細工されたSQLステートメントをindex.cfmスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:5.4 beta影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽FMyClone─────────────────────────────FMyCloneは、細工されたSQLステートメントをedit.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:2.3影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽JReservation component for Joomla!────────────────JReservation component for Joomla!は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.5影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽OpenSiteAdmin──────────────────────────OpenSiteAdminは、細工されたURLリクエストをpageHeader.phpスクリプトに送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:0.9.7 BETA影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽PaoLink─────────────────────────────PaoLinkは、scrivi.phpスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Pao-Bacheca Guestbook──────────────────────Pao-Bacheca Guestbookは、scrivi.phpおよびindex.phpスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:2.1影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽mod_proxy_ftp module for Apache─────────────────mod_proxy_ftp module for Apacheは、セキュリティ制限を回避されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にFTPサーバ上で任意のコマンドを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.3.41、2.0.63、2.2.13影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Elite Ladders──────────────────────────Elite Laddersは、細工されたSQLステートメントをladders.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]2009/09/18 登録危険度:中影響を受けるバージョン:3.2影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽phpPollScript──────────────────────────phpPollScriptは、細工されたURLリクエストをinit.poll.phpスクリプトに送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]2009/09/18 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.3影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Ardguest Guestbook────────────────────────Ardguest Guestbookは、ardguest.phpスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。[更新]2009/09/18 登録危険度:中影響を受けるバージョン:1.8影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽jLord RSS Feed Creator conponent for Joomla!───────────jLord RSS Feed Creator conponent for Joomla!は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]2009/09/18 登録危険度:中影響を受けるバージョン:影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽foobla Suggestions component for Joomla!─────────────foobla Suggestions component for Joomla!は、細工されたSQLステートメントをindex.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]2009/09/18 登録危険度:中影響を受けるバージョン:影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Three Pillars Help Desk─────────────────────Three Pillars Help Deskは、細工されたSQLステートメントをlogin.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]2009/09/16 登録危険度:中影響を受けるバージョン:3影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽PHP Pro Bid───────────────────────────PHP Pro Bidは、細工されたSQLステートメントをauction_details.phpスクリプトに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]2009/09/16 登録危険度:中影響を受けるバージョン:影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽PostgreSQL────────────────────────────PostgreSQLは、$libdir/pluginsのライブラリをリロードする際にDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にバックエンドのサーバを終了される可能性がある。[更新]2009/09/11 登録危険度:高影響を受けるバージョン:8.4、8.3.6以前、8.2.5以前、8.1.10以前、8.0.14以前、7.4.19以前影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:8.4.1、8.3.8、8.2.14、8.1.18、8.0.22以降へのバージョンアップ▽Mozilla Firefox─────────────────────────Mozilla Firefoxは、セキュリティアップデートを公開した。このアップデートによって、複数のセキュリティホールが解消される。 [更新]2009/09/10 登録危険度:高影響を受けるバージョン:Firefox 3.5.3未満、3.0.14未満影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:ベンダの回避策を参照▽Gazelle CMS───────────────────────────Gazelle CMSは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことなどが原因で複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクロスサイトスクリプティングを実行されたりシステム上で任意のシェルコマンドを実行される可能性がある。 [更新]2009/08/17 登録危険度:高影響を受けるバージョン:1.0影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Mozilla Firefox─────────────────────────Mozilla Firefoxは、セキュリティアップデートを公開した。このアップデートによって、複数のセキュリティホールが解消される。 [更新]2009/08/04 登録危険度:高影響を受けるバージョン:Firefox 3.5.2未満、3.0.12未満影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:ベンダの回避策を参照▽Network Security Services────────────────────Network Security Services(NSS)は、細工された証明書を送ることでヒープベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]2009/08/03 登録危険度:高影響を受けるバージョン:3.11.2、3.11.3、3.11.4、3.11.5影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:3.12.3以降へのバージョンアップ▽Apple Safari───────────────────────────Appleは、Apple SafariにおけるWebKitのセキュリティアップデートを公開した。このアップデートによって、複数の問題が解消される。 [更新]2009/07/09 登録危険度:高影響を受けるバージョン:4.0.2未満影響を受ける環境:Mac OS X、Windows回避策:セキュリティアップデートの実行▽wxWidgets────────────────────────────wxWidgetsは、wxImage::Create() 機能が適切なチェックを行っていないことが原因でヒープベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。 [更新]2009/07/03 登録危険度:高影響を受けるバージョン:2.8.10影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows回避策:公表されていません▽Apple Safari───────────────────────────Appleは、Apple SafariにおけるCFNetwork、CoreGraphics、ImageIO、International Components for Unicode、libxml、Safari、Safari Windows Installer、WebKitのセキュリティアップデートを公開した。このアップデートによって、Safariにおける複数の問題が解消される。[更新]2009/06/09 登録危険度:影響を受けるバージョン:4未満影響を受ける環境:Mac OS X、Windows回避策:セキュリティアップデートの実行<Microsoft>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽Microsoft Windows────────────────────────Microsoft Windowsは、細工されたServer Message Block(SMB)Negotiateプロトコルリクエストを送ることでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりシステムをクラッシュされる可能性がある。[更新]2009/09/09 登録危険度:高影響を受けるバージョン:7、Vista、SP1、SP2、Server 2008、SP2影響を受ける環境:Windows回避策:WindowsUpdateの実行<その他の製品> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽Cisco IOS────────────────────────────Ciscoは、複数のCisco IOS製品に対するセキュリティアップデートを公開した。このアップデートによって、同製品における複数のセキュリティホールが解消される。2009/09/24 登録危険度:影響を受けるバージョン:影響を受ける環境:Cisco IOS回避策:ベンダの回避策を参照▽Symantec Altiris Deployment Solution───────────────Symantec Altiris Deployment Solutionは、Altiris eXpress NS SC Download control(AeXNSPkgDLLib.dll)およびDownloadAndInstall() 機能が原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。2009/09/24 登録危険度:影響を受けるバージョン:Notification Server 6.0、6.0 SP3、7.0、7.0 SP2、Deployment Solution 6.9影響を受ける環境:Windows回避策:ベンダの回避策を参照
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

  5. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  6. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  7. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  8. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  9. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

  10. サポート終了のモバイルルータ「PWR-Q200」に脆弱性、使用中止を呼びかけ(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×