カード決済主要システム全てにおいてPCI DSSを取得(NTTデータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

カード決済主要システム全てにおいてPCI DSSを取得(NTTデータ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社NTTデータは8月25日、カード決済総合ネットワークシステム「CAFIS」を中心としたカード決済主要システムのすべて(5システム)において、クレジットカードのセキュリティ国際基準である「PCI DSS」の認定を取得したと発表した。同社では昨今のセキュリティの重要性を鑑み、世界中で注目されているPCI DSSの認定に向け、「CAFIS」において2006年3月から取り組みを開始した。

 その後、CAFIS以外のシステムについても順次審査、認定を続け、2008年2月に「CAFIS」の認定を取得した。また2008年7月に「CDS」、2008年11月に「BlueGate」、2009年6月に「INFOX」および「PastelPort」が認定された。今回の認定取得により、同社が提供するカード決済インフラのセキュリティ確保が世界基準であることが証明されたことになる。同社は今後も、カード会社およびカード利用者が安全に利用できる環境を提供し、安心・安全な社会の実現に貢献していくという。

http://www.nttdata.co.jp/release/2009/082500.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×