2009年第2四半期のセキュリティを総括(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2021.10.24(日)

2009年第2四半期のセキュリティを総括(エフセキュア)

 エフセキュア株式会社は6月29日、フィンランド本社が発表した2009年第2四半期のセキュリティ総括を公開した。これによると、第2四半期のハイライトは米大統領のバラク・オバマ氏によるサイバーセキュリティ対策に関する演説と、今年はじめに感染が拡大したConficker(

製品・サービス・業界動向 業界動向
 エフセキュア株式会社は6月29日、フィンランド本社が発表した2009年第2四半期のセキュリティ総括を公開した。これによると、第2四半期のハイライトは米大統領のバラク・オバマ氏によるサイバーセキュリティ対策に関する演説と、今年はじめに感染が拡大したConficker(別名Downadup)ワーム、SNS(オンラインでのソーシャルネットワーキング)を介するセキュリティ脅威、そしてPDFのセキュリティ・ホールであるとしている。Confickerは近年最大のマルウェアとしており、世界中の数百万のPCが感染した。また、社会的に話題になっている時事ネタを利用して感染したWebサイトへ導くという典型的な手法が、SNSにおいても一般的になった。


http://www.f-secure.co.jp/news/200906291/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×