PCI DSSに完全準拠したカード決済用ネットワークサービスを開始(アカマイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

PCI DSSに完全準拠したカード決済用ネットワークサービスを開始(アカマイ)

 アカマイ株式会社は5月20日、インターネット・クラウド上でクレジットカードによる安全で機密性の高いオンライン取引を実現するためのPCIデータセキュリティ基準(PCI DSS)完全準拠サービスの提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 アカマイ株式会社は5月20日、インターネット・クラウド上でクレジットカードによる安全で機密性の高いオンライン取引を実現するためのPCIデータセキュリティ基準(PCI DSS)完全準拠サービスの提供を開始した。

 PCI DSSとは、国際ペイメントブランド5社(VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ディスカバー)が策定したカード情報セキュリティの国際統一基準。新サービスは、このPCI DSSにおいて泌須コンポーネントとされているWebアプリケーション・ファイアウォール(WAF)を装備した同社のエッジサーバによるネットワークをベースとしたクラウド・コンピューティングサービス。SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングなどの攻撃をデータセンターの手前のアカマイネットワーク内でブロックできるのが特長(2009年後半に提供予定)。また、PCI監査管理ポータル、構成有効化ツール、四半期毎のインフラスキャニングレポートなども提供する。

 サービス開始を受け日本オンラインゲーム協会は、同サービスを同会のPCI準拠サービスとして推奨すると同時に、標準インフラとして検討するとしている。また、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、三菱UFJニコスの両社は、このような取り組みを支持するとコメントを寄せている。

http://www.akamai.co.jp/enja/html/about/press/releases/2009/press_jp.html?pr=052009_2
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×