国内情報セキュリティ市場、市場成長率は大幅に鈍化へ(経済産業省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

国内情報セキュリティ市場、市場成長率は大幅に鈍化へ(経済産業省)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 経済産業省は5月18日、2008年度の「国内情報セキュリティ市場実態調査」の報告書を公開した。同調査は平成16年から実施している調査で、経済産業省からの委託事業として、特定非営利活動法人日本セキュリティネットワーク協会(JNSA)がとりまとめたものとなっている。調査結果によると、国内情報セキュリティ市場は2008年度に前年度比6.1%拡大し、7,268億円の規模になったと推定している。

 これは、内部統制を含むコンプライアンス対応、事業継続管理等の要請と、相次ぐ個人情報や機密情報の漏えい事件に対する危機感が、企業の情報セキュリティ対策を一層推進した結果であると見られる。しかし、世界同時不況の影響は大きく、2008年度の実績見込みベースでは市場成長率は大幅に鈍化する模様で、2009年度の国内情報セキュリティ産業の売上高予測値としては全体でマイナス5.4%と縮小することが予測される。

http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/h20fy_marketresearch.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×