「Trojan.Blackmailer」の複数の亜種が爆発感染(ネットフォレスト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

「Trojan.Blackmailer」の複数の亜種が爆発感染(ネットフォレスト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ネットフォレストは4月9日、インターネットコミュニティに対し、2009年3月末から始まったトロイの木馬「Trojan.Blackmailer」の複数の亜種による爆発感染についての警告をDr.WEBにおいて発表した。このトロイの木馬は、以前の2008年9月のウイルス・スパムレビューでも話題に上っているが、その検出数が3月31日から急増している。これは、このマルウェアに感染したPCが数百万台にも達していることを推測させるものだという。

 このトロイの木馬は、マイクロソフトのInternet Explorerのプラグインとして動作し、Webサイトのコンテンツが読み込まれるたびに広告バナーを表示する。ユーザはSMSメッセージをマルウェア作者に送信して削除用の特別なコードを受け取るように促される。新たな亜種も挙動自体は同じものとなっている。新たな亜種の感染源は、性的な動画提供サイトを装ったWebサイトだけでなく、JavaScriptなどをコンテンツに埋め込まれてしまった複数の正規サイトも含まれている。感染するとWindowsの標準的なツールではアンインストールすることができない。


http://drweb.jp/news/20090409.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×