低価格で運用可能なSaaS型メールセキュリティサービスを発売(セキュアヴェイル) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

低価格で運用可能なSaaS型メールセキュリティサービスを発売(セキュアヴェイル)

 株式会社セキュアヴェイルは3月30日、自社のデーターセンターSDC(セキュアデリゲーションセンター)を活用し、メールのウイルス・スパム対策・アーカイブなどをSaaS型で提供するメールセキュリティサービス「Secure Message for SaaS」を4月1日より販売開始すると発表

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社セキュアヴェイルは3月30日、自社のデーターセンターSDC(セキュアデリゲーションセンター)を活用し、メールのウイルス・スパム対策・アーカイブなどをSaaS型で提供するメールセキュリティサービス「Secure Message for SaaS」を4月1日より販売開始すると発表した。

 同サービスは、企業が設置するセキュリティゲートウェイなどに代わり、同社のSDCがメールのウイルスチェックやスパムフィルタリングなどを行うSaaS型セキュリティサービス。アカウント数を始め、ウイルス対策やスパム対策など、必要な機能や容量を細かく選択することができるため、低価格で運用できるのが特徴。またオプションとして、メールサーバ、Webサーバ、ファイアウォール、不正侵入検知装置(IDS)などのホスティングにも対応している。

 料金は、1サービスユニット(25アカウント)ごとの月額料金(税別)で、スパム対策が4,250円、ウイルス対策が2,000円、アーカイブ(5GBまで)が5,000円、ログレポートが3,750円。アーカイブ追加は10GBごとに月額7,500円。サービス提供は5月1日より。

http://www.secuavail.com/news/2009.03.30.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×