低価格で運用可能なSaaS型メールセキュリティサービスを発売(セキュアヴェイル) | ScanNetSecurity
2020.10.31(土)

低価格で運用可能なSaaS型メールセキュリティサービスを発売(セキュアヴェイル)

 株式会社セキュアヴェイルは3月30日、自社のデーターセンターSDC(セキュアデリゲーションセンター)を活用し、メールのウイルス・スパム対策・アーカイブなどをSaaS型で提供するメールセキュリティサービス「Secure Message for SaaS」を4月1日より販売開始すると発表

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社セキュアヴェイルは3月30日、自社のデーターセンターSDC(セキュアデリゲーションセンター)を活用し、メールのウイルス・スパム対策・アーカイブなどをSaaS型で提供するメールセキュリティサービス「Secure Message for SaaS」を4月1日より販売開始すると発表した。

 同サービスは、企業が設置するセキュリティゲートウェイなどに代わり、同社のSDCがメールのウイルスチェックやスパムフィルタリングなどを行うSaaS型セキュリティサービス。アカウント数を始め、ウイルス対策やスパム対策など、必要な機能や容量を細かく選択することができるため、低価格で運用できるのが特徴。またオプションとして、メールサーバ、Webサーバ、ファイアウォール、不正侵入検知装置(IDS)などのホスティングにも対応している。

 料金は、1サービスユニット(25アカウント)ごとの月額料金(税別)で、スパム対策が4,250円、ウイルス対策が2,000円、アーカイブ(5GBまで)が5,000円、ログレポートが3,750円。アーカイブ追加は10GBごとに月額7,500円。サービス提供は5月1日より。

http://www.secuavail.com/news/2009.03.30.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×