Eコマース決済のイーコンテクストカンパニーにPCI DSSソリューション導入(KCCS) | ScanNetSecurity
2021.09.29(水)

Eコマース決済のイーコンテクストカンパニーにPCI DSSソリューション導入(KCCS)

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は3月26日、トリップワイヤ・ジャパンが提供する変更管理ソリューション「Tripwire Enterprise」を、日本最大級のEコマース決済企業であるデジタルガレージの社内カンパニー、イーコンテクストカンパニーに導入したと

製品・サービス・業界動向 業界動向
 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は3月26日、トリップワイヤ・ジャパンが提供する変更管理ソリューション「Tripwire Enterprise」を、日本最大級のEコマース決済企業であるデジタルガレージの社内カンパニー、イーコンテクストカンパニーに導入したと発表した。

 イーコンテクストカンパニーは、クレジットカード業界の国際的な情報セキュリティ基準「PCI DSS」への完全準拠にあたり、ファイル整合性監視ソフトウェアとして「Tripwire Enterprise」の採用を決定。KCCSとトリップワイヤ・ジャパンのスピーディな導入支援により、受注からカットオーバーまで2週間という非常に短い期間で導入・運用設計、レポート作成までを完了し、PCI DSSへの準拠を達成した。

 Tripwire Enterpriseは、システムに加えられた変更を監視し、未承認の変更を検知・報告するソリューション。構成分析とファイル整合性監視を自動化すると同時に、セキュリティ強化、コンプライアンス証明、可用性向上なども実現可能。また、PCI DSS専用のポリシー・テンプレートが用意されており、テンプレートを活用すれば、システムが基準に準拠しているか評価することも可能。

http://www.kccs.co.jp/press/release/090326.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×