中堅企業向けとISP向けの迷惑メール対策アプライアンスを発売(クラスキャット) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

中堅企業向けとISP向けの迷惑メール対策アプライアンスを発売(クラスキャット)

 株式会社クラスキャットは3月9日、迷惑メール対策アプライアンスシリーズの最新版として、総務省のガイドラインに準拠した「中堅企業向け迷惑メール対策アプライアンス」及び「ISP向け迷惑メール対策アプライアンス」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社クラスキャットは3月9日、迷惑メール対策アプライアンスシリーズの最新版として、総務省のガイドラインに準拠した「中堅企業向け迷惑メール対策アプライアンス」及び「ISP向け迷惑メール対策アプライアンス」の提供を開始した。

 新アプライアンスは、センドメールの対策ソリューションを、導入・運用し易いアプライアンスサーバとして提供するもの。ハードウェアプラットフォームは、「IBM System x」または「BladeCenter」を選択可能で、対応ユーザー数、利用目的・機能に応じて5種類の製品を提供。日本IBMのビジネスパートナー経由で販売を行う。

 中堅企業向けアプライアンスは、専任のIT管理者が不在の企業にも導入・運用が行えるよう、クラスキャット社製のインターネットサーバ管理ツールとセンドメール社製迷惑メール対策ソフトウェアを搭載したもの。金融機関において広く利用されている添付書類のパスワード付きZIP暗号化にも対応しており、情報漏えい対策としても有効。またオプションとして、ウイルス対策機能の追加や、ZIP暗号より強力なAES暗号の利用が可能。利用ユーザー数に応じた3モデルが用意されている。

 10,000以上のユーザー規模に対応可能なISP向けアプライアンスは、中堅企業向けアプライアンスの機能に加え、ユーザー毎にメールポリシー条件やホワイトリスト/ブラックリストを設定できるタイプのアプライアンスと、「インテリジェント・メールトラフィックコントロールアプライアンス」の2モデルを用意。後者は、送受信メールの通数やコネクション数などをゲートウェイで制御するソリューション。迷惑メールを大量に送りつけるドメインからのメールを拒否してDHAやDoS/DDoS攻撃からメールシステムを防御し、余計なトラフィックをゲートウェイでシャットアウトすることが可能。これにより安定したメールサービスの提供を実現する。

http://www.classcat.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×