個人情報保護にPCI DSSを活用(アクアシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

個人情報保護にPCI DSSを活用(アクアシステムズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社アクアシステムズは、3月4日に都内で「PCI DSSに学ぶ有効的な内部監査手法セミナー」を開催する。企業の内部統制担当者に向けて、自社システムや委託先のセキュリティ対策を実施する際のガイドラインとしてPCI DSSを活用する方法を紹介する。

 PCI DSSは、カードビジネス業界の国際統一セキュリティ基準として知られ、米国ではSOX法と並び準拠しなければならない基準として定着している。またPCI DSSは、リスクを軽減するセキュリティ対策が具体的に記述されているため、カード情報に限らず個人情報保護などにも有効という。

 同セミナーでは、NTTデータ・セキュリティによる「PCI DSSに学ぶ有効的な内部監査の手法について」と題した講演が行われ、PCI DSSのセキュリティ要件を参考に、より実装レベルでの有効性の高い内部監査の実現方法について紹介される。

http://www.aqua-systems.co.jp/seminar.php?eid=00049
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×