2008年12月の国内フィッシング情報届出状況を発表、mixi偽メールなど確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

2008年12月の国内フィッシング情報届出状況を発表、mixi偽メールなど確認(フィッシング対策協議会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 フィッシング対策協議会は2月1日、月次報告として2008年12月の国内フィッシング情報届出状況を発表した。2008年12月度におけるフィッシング情報の届出件数は前月より4件減少し11件。報告されたフィッシングメールは前月と同様の6件で、過去1年間の平均を下回った。また、報告されたフィッシングサイトは6件、ブランド名を悪用された企業は5件で、どちらも前月と同じだった。

 12月のフィッシングメール動向としては、当月は新たに「Cisco」をかたるフィッシングメールを確認した。また、先月に引き続き「PayPal」をかたるメールが3件確認され、精巧に偽装された偽サイトも発見されている。日本語のフィッシングメールでは「セゾンクレジット」や「mixi」の偽メールが報告された。どちらも偽サイトに誘導するタイプで、「mixi」をかたるメールでは「mixi」に似せて「mix!」という名称を使い、招待状を受け取るためとして、メールアドレスなど個人情報の登録を促している。この他、DHCPサーバ機能を持つウイルスが出現し、同じLAN内のPCに偽のDNSサーバを参照させるようにして、フィッシング詐欺サイトなどへ誘導する事例が報告されている。

http://www.antiphishing.jp/capj-report/200812-capj-report.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×