個人情報を記録したUSBメモリを紛失(東大阪病院) | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

個人情報を記録したUSBメモリを紛失(東大阪病院)

 東大阪病院は1月10日、同院の職員が患者の個人情報が含まれたUSBメモリを病棟内において紛失するという事態が発生したと発表した。これは、同院のリハビリ課職員が平成20年11月5日、リハビリを受けている患者29名のデータが記録されているUSBメモリが紛失していること

製品・サービス・業界動向 業界動向
 東大阪病院は1月10日、同院の職員が患者の個人情報が含まれたUSBメモリを病棟内において紛失するという事態が発生したと発表した。これは、同院のリハビリ課職員が平成20年11月5日、リハビリを受けている患者29名のデータが記録されているUSBメモリが紛失していることに気が付いたというもの。

 USBメモリには患者の氏名、生年月日、ID番号が記録されていた。同院では発覚後、関係職員から聴き取り調査を行うとともに病棟内を徹底的に調査したが、現在まで発見されていない。なお、病棟内での紛失であることから情報が外部に漏えいする可能性は低く、また住所や電話番号は含まれていないことから直ちに個人を特定できるものではないとしている。


http://www.yurin.or.jp/kojinjyouhourouei.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×