2008年12月のスパム配信国、中国のランクが急降下(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

2008年12月のスパム配信国、中国のランクが急降下(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は1月7日、2008年12月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がアメリカ、2位がブラジル、3位がロシア、4位がトルコ、5位がオランダと、前月2位だった中国が8位にまで下がっている。上位ではブラジルの急上昇が懸念されるが、11月に引き続き、20%以上のスパムメール発信元はアメリカとなっている。各国のプロバイダにおけるボットネットの活動を監視している「Spam & Botnet Watch」(2008年12月31日時点)からも、ブラジルの活性化傾向が見られる。

 「Spam & Botnet Watch」は、スパムマップとは異なる観点から警戒すべき動向を知らせている。スパムマップ ワースト10にランクインしていないものの、インド、アルゼンチン、ベトナム、ポーランド、ウクライナ、韓国、イタリア、チリ、コロンビア、スペイン、モロッコ、ペルーに位置するプロバイダよりボットネット経由でのスパムメール拡散が多数見られる。スパムメールを介した攻撃手法としては、先月に引き続き社会学的に効果の高い手法が採られているという。


http://blog.trendmicro.co.jp/archives/2445
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×