IT資産管理・情報漏えい対策ソリューション「ProvisioNet」の最新版を発売(NSW) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

IT資産管理・情報漏えい対策ソリューション「ProvisioNet」の最新版を発売(NSW)

 日本システムウエア株式会社(NSW)は12月1日、内部からの情報漏えいを未然に防止すると共にIT資産管理を行うソフトウェア「ProvisioNet」シリーズにおいて、ファイル操作などのセキュリティ機能を強化した最新版バージョン2.1を発表、同日より発売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本システムウエア株式会社(NSW)は12月1日、内部からの情報漏えいを未然に防止すると共にIT資産管理を行うソフトウェア「ProvisioNet」シリーズにおいて、ファイル操作などのセキュリティ機能を強化した最新版バージョン2.1を発表、同日より発売を開始した。

 ProvisioNetは、IT資産管理の「AssetConductor」、PCの操作を監視する情報漏えい対策の「PcSentinel」、サーバの情報漏えい対策・アクセス監視を実現する「ServerSentinel」から構成される統合セキュリティツール群。最新版2.1では、ユーザーの要望に応え、ファイル操作などを制限する「制御(禁止)」と、ユーザーのセキュリティ意識を高める「抑止」の機能が追加された(メール送信、印刷、USBメモリ/HDD、Web閲覧等の操作にも使用可)。

 これにより、禁止行為や特定操作の発生時に注意喚起メッセージを表示したり、監視していることをユーザーにも知らせ、セキュリティ意識の向上を図ることが可能となっている。また、操作の可否はユーザー単位で設定でき、監視不要な項目は設定を外すことが可能なため、セキュリティの強化を実現しつつ、より効率的な運用と操作性の向上を図ることができる。製品及びサービスの最小構成は30ユーザーから、販売価格は50万円台〜。

http://www.nsw.co.jp/topics/tpcs_20081201_provisionet2.1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×