9月度のフィッシングメール届出件数は20件(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

9月度のフィッシングメール届出件数は20件(フィッシング対策協議会)

 フィッシング対策協議会は11月5日、2008年9月度の「国内フィッシング情報届出状況」を発表した。発表によると、9月度のフィッシングメール届出件数は20件で、前月度の5件から15件増加し過去1年間の平均も大きく上回った。フィッシングメールの件数は9件で、前月度より

製品・サービス・業界動向 業界動向
 フィッシング対策協議会は11月5日、2008年9月度の「国内フィッシング情報届出状況」を発表した。発表によると、9月度のフィッシングメール届出件数は20件で、前月度の5件から15件増加し過去1年間の平均も大きく上回った。フィッシングメールの件数は9件で、前月度より5件増加している。また、フィッシングサイトの件数は8件で前月度より4件の増加となった。フィッシングによりブランド名を悪用された企業の件数は7件で、前月度より3件の増加となった。

 業種別の状況では、9月度に標的となったのは金融が4件、ショッピング、オークションがそれぞれ1件、その他が1件であった。なお、9月度に報告されたフィッシングサイトのホスト国は、アメリカおよび中国がそれぞれ1件となっている。フィッシングメールの動向では、「Union Trust Bank」や「Bank of America」、「Chase Bank」「Paypal」「Yahoo! オークション」「UFJ Card」を騙るものが確認されており、偽サイトに誘導しカード情報などを入力させようとするものであった。

http://www.antiphishing.jp/capj-report/200809-capj-report.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×