横浜銀行が「RSA FraudAction」を採用、国内で27社目に(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

横浜銀行が「RSA FraudAction」を採用、国内で27社目に(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社は11月5日、横浜銀行がフィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトの閉鎖サービス「RSA FraudAction」を採用したと発表した。同製品は、フィッシングサイトを迅速に閉鎖する製品で、オンライン犯罪の被害発生、拡大防止に高い効果

製品・サービス・業界動向 業界動向
 RSAセキュリティ株式会社は11月5日、横浜銀行がフィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトの閉鎖サービス「RSA FraudAction」を採用したと発表した。同製品は、フィッシングサイトを迅速に閉鎖する製品で、オンライン犯罪の被害発生、拡大防止に高い効果がある。横浜銀行は現在、個人向けインターネット・バンキングサービス「<はまぎん>マイダイレクト」の希望者にワンタイム・パスワード「RSA SecurID」の無料配布している。

 今回、同製品を採用したことで、同行のすべてのインターネット・バンキングサービスの利用者が安全にサービスを利用できるようにする。日本では2007年6月にみずほ銀行、三井住友銀行が相次いで採用以来、横浜銀行の採用で27社めの導入となる。なお同製品は、NTTデータのインターネットバンキングサービス「ANSER-WEB」のオプションサービスとして、株式会社NTTデータを通じて提供される。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9751
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×