過去の患者情報が流出、元大学院生の自宅PCから(昭和大学病院) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

過去の患者情報が流出、元大学院生の自宅PCから(昭和大学病院)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 昭和大学病院は10月1日、平成13年4月から平成15年3月まで同学薬学研究科医療薬学専攻に在籍していた大学院生の所有している自宅のPCに、破棄されずに残っていたデータの一部がファイル交換ソフトを経由して流出していることが判明したと発表した。流出したデータは、平成14年6月20日から平成14年8月12日の期間に昭和大学病院小児科に通院及び入院されていた患者88名の氏名、ID番号、生年月日、受診日、年齢のデータで、一部病名や血液検査結果も含まれていたという。


http://hosp.showa-u.ac.jp/SUH/notice_20081002.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×