医師が個人情報を記録したノートPCを紛失(日大練馬光が丘病院) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

医師が個人情報を記録したノートPCを紛失(日大練馬光が丘病院)

 日本大学医学部付属練馬光が丘病院は9月30日、同院の医師が個人情報の入った私物のノートPCを遺失する事故が9月8日に発生したと発表した。これは9月24日に同医師からの報告を受けたもので、同院は直ちに調査委員会を設置して事実関係の調査を行い、関係各所への届け出

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本大学医学部付属練馬光が丘病院は9月30日、同院の医師が個人情報の入った私物のノートPCを遺失する事故が9月8日に発生したと発表した。これは9月24日に同医師からの報告を受けたもので、同院は直ちに調査委員会を設置して事実関係の調査を行い、関係各所への届け出や連携の下に対応しているという。他の情報によると、紛失したノートPCには同院ほか系列医院である駿河台日本大学病院や、同医師が以前勤務していた国立循環器病センター、川口市立医療センターなど4医療機関の患者情報が含まれていた。なお、同PCにはWindowsのログインパスワードが設定されているという。


http://www.med.nihon-u.ac.jp/hospital/hikari/up_pdf/20080929192229.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×