Win/Mac混在環境で使える多言語対応のファイル暗号化ツールを発売(TSS LINK) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Win/Mac混在環境で使える多言語対応のファイル暗号化ツールを発売(TSS LINK)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ティエスエスリンク(TSS LINK)は9月30日、Windows/Mac混在環境のセキュリティ対策に最適なファイル暗号化ツール「セキュアポーター」(Windows対応版)を発売した。

 セキュアポーターは、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで暗号化、自己復号型ファイルをクリックするだけで元に戻るなど、誰でも簡単にすぐに使える暗号化ツール。同じ暗号化ファイルをWindows/Mac両OS上で開くことができるため、両OSが混在する環境などに便利。日本語のファイル名も文字化けせずに相互のOSで利用できる。多言語対応のとなっており、日本語OS以外での利用も可能。また、ファイル利用者を限定する、ファイル復号時にメッセージを表示する機能なども搭載。暗号アルゴリズムはAES256bit。

 対応OSはWindows Vista/XP/2000、Windows Server 2008/2003、Mac OS 10.4/10.5。ライセンス価格は、10ライセンス37,800円、100ライセンス267,750円など。Macには11月末対応予定。10月中旬には、ベクターで1ライセンスパッケージ4,830円をダウンロード販売予定。

http://www.pb-security.jp/article/0112667.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×