個人情報を含む業務情報、委託先のIBM社員PCから漏えい(茨城県立中央病院) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

個人情報を含む業務情報、委託先のIBM社員PCから漏えい(茨城県立中央病院)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 茨城県は9月29日、県立中央病院の病院情報システムの保守業務委託先である日本アイ・ビー・エム株式会社の従業員の私物PCから、病院情報システムの保守情報がインターネットに流出していたことが明らかになったと発表した。これは、同病院の担当営業である日本IBMの従業員が、業務用データが保存された外部記憶装置を無許可で持ち出し、ファイル共有ソフト「Winny」がインストールされていたPCに接続した。

 これにより「病院情報システムの保守作業報告書」画面のコピー1件が本年6月頃に流出したことを、インターネット掲示板を見た日本IBMの従業員が発見したというもの。このほかに流出した可能性のある同病院の情報は、患者情報が含まれるファイル2件(実1人、故人:患者の個人情報が表示された画面を印刷したものをスキャナーで電子化したもので、患者ID、性別、住所、電話番号、病名が印字されていた)、および契約書等中央病院職員の名前等が含まれるファイル(106件)、保守作業報告書その他のファイル(853件)としている。


http://www.pref.ibaraki.jp/news/2008_09/n080929_01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×