PCIDSSに対応した最新の統合脅威管理アプライアンスを発表(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

PCIDSSに対応した最新の統合脅威管理アプライアンスを発表(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本アイ・ビー・エム(IBM)株式会社は9月26日、最新のセキュリティー・ソリューション「IBM Proventia Network Multi-Function Security」を発表した。

 本製品は、ファイアーウォール、VPN、SSL-VPN、不正侵入防御、ウイルス・スパム対策、Webフィルターなど、ネットワーク・セキュリティーに必要な機能を1台の機器に集約した最新の統合脅威管理(UTM)アプライアンス。各機能は、同社のネットワーク・セキュリティー専門家が、最新情報とノウハウを活用して最適化しており、ワンクリックで有効化できるため、設定や運用に高度な知識やスキルは不要。また、クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティー基準「PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」にも完全対応。企業ネットワークを保護する最新の防御を提供する。最小構成価格は208,950円。

http://www-06.ibm.com/jp/press/2008/09/2601.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×