PCIDSSに対応した最新の統合脅威管理アプライアンスを発表(日本IBM) | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

PCIDSSに対応した最新の統合脅威管理アプライアンスを発表(日本IBM)

 日本アイ・ビー・エム(IBM)株式会社は9月26日、最新のセキュリティー・ソリューション「IBM Proventia Network Multi-Function Security」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本アイ・ビー・エム(IBM)株式会社は9月26日、最新のセキュリティー・ソリューション「IBM Proventia Network Multi-Function Security」を発表した。

 本製品は、ファイアーウォール、VPN、SSL-VPN、不正侵入防御、ウイルス・スパム対策、Webフィルターなど、ネットワーク・セキュリティーに必要な機能を1台の機器に集約した最新の統合脅威管理(UTM)アプライアンス。各機能は、同社のネットワーク・セキュリティー専門家が、最新情報とノウハウを活用して最適化しており、ワンクリックで有効化できるため、設定や運用に高度な知識やスキルは不要。また、クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティー基準「PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」にも完全対応。企業ネットワークを保護する最新の防御を提供する。最小構成価格は208,950円。

http://www-06.ibm.com/jp/press/2008/09/2601.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×