シグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォールの最新版をリリース(JP-Secure) | ScanNetSecurity
2021.07.28(水)

シグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォールの最新版をリリース(JP-Secure)

 株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は9月8日、シグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォール「SiteGuard」の最新バージョン、Ver.3.00をリリースした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は9月8日、シグネチャ型Webアプリケーション・ファイアウォール「SiteGuard」の最新バージョン、Ver.3.00をリリースした。

 SiteGuardは、国内屈指のネットワーク・セキュリティ専門家によってチューニングされた、高速で高品質のトラステッド・シグネチャを標準搭載したLinux対応Webアプリケーション・ファイアウォール。最新版3.00ではVMware環境を正式にサポートしており、これによりソフトウェア性能を最大限活用することができるとしている。価格は、初年度のサーバライセンスが1,780,000円、次年度以降の更新料が534,000円。

http://www.jp-secure.com/cont/news/2008/080908.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×