仮想マシンで稼動するメールセキュリティ仮想アプライアンスを提供開始(センドメール) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

仮想マシンで稼動するメールセキュリティ仮想アプライアンスを提供開始(センドメール)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 センドメール株式会社は8月26日、高性能なメールセキュリティ仮想アプライアンス「Sentrion MPV」を12月末に発売すると発表した。同製品は、ゲートウェイ管理、スパム/ウイルス対策、送信ドメイン認証などの機能を搭載したメールセキュリティ仮想アプライアンス。

 1台の物理コンピュータ上に複数の仮想マシンを並列で動作させることができる「仮想インフラ」により、1ドメインにひとつの仮想マシンを割り当て、導入、変更などが非常にスムーズに行える。万一、ハードウェア障害などで運用継続が不可能になった場合は、別のサーバですぐに起動できるため、メールシステムのバックアップ・リカバリソリューションとして有効だ。

http://www.sendmail.co.jp/company/press/html/20080826-01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×