SMBに対するサイバー攻撃の実態に関する調査結果を発表(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

SMBに対するサイバー攻撃の実態に関する調査結果を発表(マカフィー)

 マカフィー株式会社は7月29日、米McAfee社が7月23日に発表した中小企業(SMB)に対するサイバー攻撃の実態に関する報告書の調査結果を公開した。この報告書は、従業員数1,000人から2,000人の企業のIT意思決定者500人の回答をまとめたもの。調査結果によると、中小企業

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マカフィー株式会社は7月29日、米McAfee社が7月23日に発表した中小企業(SMB)に対するサイバー攻撃の実態に関する報告書の調査結果を公開した。この報告書は、従業員数1,000人から2,000人の企業のIT意思決定者500人の回答をまとめたもの。調査結果によると、中小企業の44%がサイバー攻撃は大企業のみの問題であり、自社には影響しないと考えていることが判明した。また、中小企業の52%が知名度が低いためにサイバー攻撃の標的になることはないと信じており、ほぼ半数(45%)が自社がサイバー犯罪者にとって「価値あるターゲット」ではないと考えていることがわかった。

 さらに、中小企業の46%が自社がサイバー犯罪者にとっての収益源になりえないと考えていた。マカフィーの中堅市場部門担当シニアバイスプレジデント、ダレル・ローデンボー氏は、「ウイルス、ハッカー侵入、スパイウェア、スパムは、あらゆる規模の企業に情報漏洩や盗難、システムダウン、生産性の低下、コンプライアンス違反、売上損失をもたらすだけでなく、レピュテーションを失う原因にもなりかねません。企業規模が小さいからといって、セキュリティの脅威の影響を受けないとは限らないのです」と述べている。


http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_08b.asp?pr=08/07/29-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×