「マルウェアランキング 2008年6月」を公開(キヤノンIT) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

「マルウェアランキング 2008年6月」を公開(キヤノンIT)

 キヤノンITソリューションズ株式会社は7月10日、「マルウェアランキング 2008年6月」を公開した。このランキングは、ESETが開発したマルウェアレポーティング/追跡システム「ThreatSense.Net」によるもの。2008年6月は、先月に引き続きマルウェアファミリの「Win32/PS

製品・サービス・業界動向 業界動向
 キヤノンITソリューションズ株式会社は7月10日、「マルウェアランキング 2008年6月」を公開した。このランキングは、ESETが開発したマルウェアレポーティング/追跡システム「ThreatSense.Net」によるもの。2008年6月は、先月に引き続きマルウェアファミリの「Win32/PSW.OnLineGames」が第1位という結果になった。このマルウェアは、検出された脅威全体のうち約13.12%を占めている。

 2位には、ユーザにとって好ましくない動作をする可能性のあるアプリケーション(PUA)のうち、対象のPCに広告を配信するために使用されるファミリを指す総称である「Win32/Adware.Virtumonde」(約4.90%)、3位はPCの攻撃手段としてautorun.infファイルを使用するさまざまなマルウェアの総称である「INF/Autorun」(約4.60%)となった。また、今月に入ってブートセクタ感染型(BSI)ウイルス「Stoned.Angelina」の感染についての問い合わせが同社に寄せられ、また昨年、同ウイルスに感染したMedion社のノートPCが大量に出荷されるという事件が起きていることから注意を呼びかけている。


http://canon-its.jp/product/eset/info/malware0806.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×