セキュリティホール情報<2008/05/23> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

セキュリティホール情報<2008/05/23>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

以下のセキュリティホール情報は、日刊メールマガジン「Scan Daily Express」の見出しのみを抜粋したものです。
「Scan Daily Express」では、全文とセキュリティホールの詳細へのリンクURLをご覧いただけます。

★ お申込みはこちら ★
https://www.netsecurity.ne.jp/14_3683.html

<プラットフォーム共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽SAP Web Application Server────────────────────
SAP Web Application Serverは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:7.0
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:パッチのインストール

▽BMForum─────────────────────────────
BMForumは、index.phpスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:5.6
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Mozilla Firefox─────────────────────────
Mozilla Firefoxは、JSframesを処理するときにheap corruptionエラーを引き起こされることでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりブラウザをクラッシュされる可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:2.0.0.14
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽6rbScript────────────────────────────
6rbScriptは、news.phpスクリプトに細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽phpSQLiteCMS───────────────────────────
phpSQLiteCMSは、header.inc.phpおよびlogin.inc.phpスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1 RC2
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Snort──────────────────────────────
Snortは、パケットを断片化されることが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にセキュリティ制限を回避される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.6、2.8
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:2.8.1以降へのバージョンアップ

▽IBM Lotus Sametime────────────────────────
IBM Lotus Sametimeは、過度に長いHTTPリクエストをTCPポート1533に送信されることが原因でスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:7.0、7.5、7.5.1、8.0
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Weblosning────────────────────────────
Weblosningは、result.phpスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1、2、3、4
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Netbutik─────────────────────────────
Netbutikは、netbutik.phpおよびproduct.phpスクリプトに細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1、2、3、4
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Borland InterBase────────────────────────
Borland InterBaseは、細工されたパケットをTCPポート3050に送ることでスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりサーバをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:2007 8.1.0.256 SP2
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽PHP-Jokesite───────────────────────────
PHP-Jokesiteは、jokes_category.phpスクリプトが細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:2.0
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽IBM Lotus Domino─────────────────────────
IBM Lotus Dominoは、Domino Web serverタスクを有効にしている際に適切なチェックを行っていないことが原因でスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりサーバをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:8.0.1、8.0、7.0、6.5、6.0
影響を受ける環境:Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽MX-System────────────────────────────
MX-Systemは、index.phpスクリプトが細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:2.7.3
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Mantis──────────────────────────────
Mantisは、user_createがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトrequest forgeryを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクロスサイトスクリプティングを実行されたりキャッシュを汚染される可能性がある。 [更新]
2008/05/16 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:1.1.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:1.2.0a1以降へのバージョンアップ

▽FishSound────────────────────────────
FishSoundは、細工されたリクエストを送信されることでバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2008/04/08 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:0.9.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:0.9.1以降へのバージョンアップ

▽OmniPCX Office──────────────────────────
OmniPCX Officeは、特定されていないCGIスクリプトがパラメータを適切にフィルタしないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に機密情報を奪取される可能性がある。 [更新]
2008/04/02 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.x、3.x、4.x、5.x、6.x
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽xine-lib─────────────────────────────
xine-libは、複数のエラーが原因でスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2008/03/24 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:1.1.11以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

<その他の製品> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Trillian─────────────────────────────
Trillianは、過度に長いFONTタグ値を含む細工されたファイルを開くよう誘導されることでスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:3.1.9.0未満
影響を受ける環境:Windows
回避策:3.1.10.0以降へのバージョンアップ

▽Cisco Service Control Engine (SCE)────────────────
Cisco Service Control Engine (SCE)は、SSHログインプロセスでのエラーが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDos攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:Cisco Service Control Engine (SCE)
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Cisco Unified Customer Voice Portal (CVP)────────────
Cisco Unified Customer Voice Portal (CVP)は、未知のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に権限を昇格される可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:4.0、4.1、7.0
影響を受ける環境:Cisco Unified Customer Voice Portal (CVP)
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Cisco IOS────────────────────────────
Cisco IOSは、SSHのサーバサイドのインプリメンテーションで多数の特定されていないエラーが原因でDos攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にメモリリソースを全て消費される可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:12.4、12.4(13d)JA、12.4(13d)JA1、12.4MR、
12.4SW、12.4T、12.4XE、12.4XF、12.4XJ、
12.4XK、12.4XV、12.4XW
影響を受ける環境:Cisco IOS
回避策:ベンダの回避策を参照

<UNIX共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽phpFreeForum───────────────────────────
phpFreeForumは、error.phpおよびmenu.phpスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.0 RC2
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:公表されていません

▽Interchange───────────────────────────
Interchangeは、標準的なデモの404ページで特定されていないエラーを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にセキュリティ制限を回避される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:4.5.3、4.6.3、5.0.1、5.2.0、5.5.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:5.6.0以降へのバージョンアップ

▽libxslt─────────────────────────────
libxsltは、細工されたXSLスタイルシートファイルが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:1.1.23未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:公表されていません

▽nss_ldap─────────────────────────────
nss_ldapは、LDAP接続を適切に処理していないことが原因で競合条件のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に不正なユーザデータを使用される可能性がある。 [更新]
2007/11/19 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:259未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:259以降へのバージョンアップ

<Linux共通>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Barracuda Spam Firewall─────────────────────
Barracuda Spam Firewallは、ldap_test.cgiスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:3.5.11.025未満
影響を受ける環境:Linux
回避策:3.5.11.025へのバージョンアップ

▽vsftpd──────────────────────────────
vsftpdは、deny_fileオプションで構成を設定されるときにDos攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上の使用可能メモリを全て消費される可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

▽SETroubleShoot──────────────────────────
SETroubleShootは、sealertユーティリティがsetroubleshootデータベースから適切にHTMLコードをフィルターしないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2008/05/22 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

▽GnuTLS──────────────────────────────
GnuTLS(Gnu Transport Layer Security Library)は、暗号化されたClient Helloメッセージを送信されることでバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2008/05/21 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:2.2.4未満
影響を受ける環境:Linux
回避策:2.2.5以降へのバージョンアップ

▽libvorbis────────────────────────────
libvorbisは、細工されたOGGファイルを開くよう誘導されることでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にDos攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
2008/05/21 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

<SunOS/Solaris>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Sun Solaris───────────────────────────
Sun Solarisは、STREAMS Administrative Driver (sad)をrace conditionエラーにされることでDos攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステムパニックを引き起こされる可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:10 x86、10 SPARC
影響を受ける環境:Sun Solaris
回避策:ベンダの回避策を参照

<IBM-AIX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽IBM AIX─────────────────────────────
IBM AIXは、ftpユーザのホームディレクトリの完全なパスを決定するquote cwdコマンドを出されることでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にインストレーションパスを決定される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:5.2、5.3、6.1
影響を受ける環境:IBM AIX
回避策:ベンダの回避策を参照

▽IBM AIX─────────────────────────────
IBM AIXは、ある特定の環境変数を使用した細工されたリクエストを送信
されることでバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホー
ルが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上
で任意のコードを実行されたりアプリケーションを無反応にされる可能性
がある。
2008/05/23 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:5.2、5.3、6.1
影響を受ける環境:IBM AIX
回避策:ベンダの回避策を参照
ベンダ:http://www.ibm.com/

□ 関連情報:

ISS X-Force Database 2008/05/23 登録
ibm-aix-setuidroot-iostat-bo (42579) IBM AIX setuid root iostat
buffer overflow
http://xforce.iss.net/xforce/xfdb/42579

ISS X-Force Database 2008/05/23 登録
ibm-aix-setuidroot-errpt-bo (42578) IBM AIX setuid root errpt
buffer overflow
http://xforce.iss.net/xforce/xfdb/42578

ISS X-Force Database 2008/05/23 登録
ibm-aix-aix-bo (42577) IBM AIX AIX kernel buffer overflow
http://xforce.iss.net/xforce/xfdb/42577

SecurityTracker.com Archives 2008/05/23 登録
Alert ID:1020085 IBM AIX Input Validation Flaw in iostat Command
Lets Local Users Gain Root Privileges
http://www.securitytracker.com/alerts/2008/May/1020085.html

SecurityTracker.com Archives 2008/05/23 登録
Alert ID:1020084 IBM AIX Buffer Overflow in errpt Command May Let
Local Users Gain Elevated Privileges
http://www.securitytracker.com/alerts/2008/May/1020084.html

SecurityTracker.com Archives 2008/05/23 登録
Alert ID:1020083 IBM AIX Kernel Buffer Overflow Lets Local Users
Gain Elevated Privileges or Deny Service
http://www.securitytracker.com/alerts/2008/May/1020083.html

IBM APAR 2008/05/23 登録
IZ20635: POTENTIAL SECURITY ISSUE.
http://www-1.ibm.com/support/docview.wss?uid=isg1IZ20635

IBM APAR 2008/05/23 登録
IZ19911: POTENTIAL SECURITY ISSUE.
http://www-1.ibm.com/support/docview.wss?uid=isg1IZ19911

IBM APAR 2008/05/23 登録
IZ19905: POTENTIAL SECURITY ISSUE.
http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=isg1IZ19905

Secunia - Advisories 2008/05/23 登録
IBM AIX Multiple Vulnerabilities
http://secunia.com/advisories/30349

SecurityFocus 2008/05/23 登録
IBM AIX Kernel Local Buffer Overflow Vulnerability
http://www.securityfocus.com/bid/29329

SecurityFocus 2008/05/23 登録
IBM AIX 'iostat' Command Local Privilege Escalation Vulnerability
http://www.securityfocus.com/bid/29325

SecurityFocus 2008/05/23 登録
IBM AIX 'errpt' Local Buffer Overflow Vulnerability
http://www.securityfocus.com/bid/29323

<Mac OS X> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Apple iCal────────────────────────────
Apple iCalは、細工された.icsファイルを開くよう誘導されることでDos
攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、
リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
2008/05/23 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:3.0.1
影響を受ける環境:Mac OS X
回避策:公表されていません
ベンダ:http://www.apple.com/support/ical/

□ 関連情報:

ISS X-Force Database 2008/05/23 登録
ical-count-code-execution (42571) Apple iCal COUNT code execution
http://xforce.iss.net/xforce/xfdb/42571

ISS X-Force Database 2008/05/23 登録
ical-attach-dos (42570) Apple iCal ATTACH denial of service
http://xforce.iss.net/xforce/xfdb/42570

ISS X-Force Database 2008/05/23 登録
ical-trigger-dos (42569) Apple iCal TRIGGER denial of service
http://xforce.iss.net/xforce/xfdb/42569

SecurityTracker.com Archives 2008/05/23 登録
Alert ID:1020095 Apple iCal Memory Error May Let Remote Users
Execute Arbitrary Code
http://www.securitytracker.com/alerts/2008/May/1020095.html

SecurityTracker.com Archives 2008/05/23 登録
Alert ID:1020094 Apple iCal Null Pointer Dereference May Let
Remote Users Execute Arbitrary Code
http://www.securitytracker.com/alerts/2008/May/1020094.html

CoreLabs Advisory 2008/05/23 登録
CORE-2008-0126, Multiple vulnerabilities in iCal
http://www.coresecurity.com/?action=item&id=2219

CVE (Common Vulnerabilities and Exposures) 2008/05/23 登録
CAN-2008-2007
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2008-2007

CVE (Common Vulnerabilities and Exposures) 2008/05/23 登録
CAN-2008-2006
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2008-2006

CVE (Common Vulnerabilities and Exposures) 2008/05/23 登録
CAN-2008-1035
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2008-1035

SecurityFocus 2008/05/23 登録
Apple iCal 'ATTACH' Parameter Denial Of Service Vulnerability
http://www.securityfocus.com/bid/28633

SecurityFocus 2008/05/23 登録
Apple iCal 'TRIGGER' Parameter Denial of Service Vulnerability
http://www.securityfocus.com/bid/28632

SecurityFocus 2008/05/23 登録
Apple iCal 'COUNT' Parameter Integer Overflow Vulnerability
http://www.securityfocus.com/bid/28629

SECURITY.NNOV 2008/05/23 登録
Apple iCAL multiple security vulnerabilities
http://securityvulns.com/news/Apple/iCal/0805.html

<リリース情報> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Samba──────────────────────────────
Samba 3.0.29がリリースされた。
http://us1.samba.org/samba/

▽Unbound─────────────────────────────
Unbound 1.0がリリースされた。
http://unbound.net/downloads/unbound-1.0.0.tar.gz

▽Apple Logic Pro─────────────────────────
Apple Logic Pro 8.0.2がリリースされた。
http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/logicpro802.html

▽Linux kernel 2.6.x 系──────────────────────
Linux kernel 2.6.26-rc3-git4がリリースされた。
http://www.kernel.org/

<セキュリティトピックス> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽トピックス
総務省、携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇
談会(第13回)配付資料
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/mobile_media/080520_2.html

▽トピックス
警察庁、「振り込め詐欺(恐喝)」事件にご注意! [更新]
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/1_hurikome.htm

▽トピックス
IPA、「エンタプライズ系ソフトウェア技術者個人の実態調査」報告書の
公開
http://sec.ipa.go.jp/press/20080522.html

▽トピックス
JPNIC、ETJP(ENUM Trial Japan)発行の第3次報告書を掲載
http://www.nic.ad.jp/ja/enum/index.html#3rd

▽トピックス
アンラボ、「オンライントータルセキュリティサービス事業」開始
http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=3128

▽トピックス
NTTドコモ、パソコンのファイルをケータイから視聴できる「ポケットU」
6月6日サービス開始
http://www.nttdocomo.co.jp/service/music_movie/pocket_u/index.html

▽トピックス
WILLCOM、アルテル製W-SIM「RX420AL」ソフトウェアバージョンアップの
お知らせ
http://www.willcom-inc.com/ja/support/update/index.html

▽トピックス
NTTコミュニケーションズ、タイ向け国際通信サービスの状況について
http://www.ntt.com/nw-condition/data/080522index.html

▽トピックス
マイクロソフト、Microsoft(R) Office Live Workspace 日本語版の試験
運用を開始
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3443

▽トピックス
マイクロソフトがMicrosoft(R) Officeでサポートするフォーマットのリ
ストを拡張
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3442

▽サポート情報
トレンドマイクロ、ウイルスパターンファイル:5.291.00 (05/23)
http://jp.trendmicro.com/jp/support/download/pattern/index.html

▽サポート情報
アンラボ、V3 / SpyZero 定期アップデート情報
http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=3127

▽サポート情報
アンラボ、V3 緊急アップデート情報
http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=3126

▽ウイルス情報
シマンテック、DisableSpyware
http://www.symantec.com/ja/jp/business/security_response/writeup.jsp?docid=2008-052213-3353-99

▽ウイルス情報
シマンテック、AdvancedXPFixer
http://www.symantec.com/business/security_response/writeup.jsp?docid=2008-052212-0934-99

▽ウイルス情報
シマンテック、KvmSecure
http://www.symantec.com/ja/jp/business/security_response/writeup.jsp?docid=2008-051910-3915-99

▽ウイルス情報
シマンテック、XPSecurityCenter
http://www.symantec.com/ja/jp/business/security_response/writeup.jsp?docid=2008-051910-0118-99

▽ウイルス情報
シマンテック、W32.Tufik.E
http://www.symantec.com/ja/jp/business/security_response/writeup.jsp?docid=2008-051708-2741-99

▽ウイルス情報
シマンテック、W32.Tufik.E!inf
http://www.symantec.com/ja/jp/business/security_response/writeup.jsp?docid=2008-051710-0053-99

▽ウイルス情報
シマンテック、Trojan.Cymdos
http://www.symantec.com/ja/jp/business/security_response/writeup.jsp?docid=2008-051607-3413-99

▽ウイルス情報
マカフィー、ErrorKiller
http://www.mcafee.com/japan/security/virE.asp?v=ErrorKiller

▽ウイルス情報
マカフィー、W32/CEP.worm!33925d66
http://www.mcafee.com/japan/security/virC.asp?v=W32/CEP.worm!33925d66

◆アップデート情報◆
───────────────────────────────────
●Debianがxine-libのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
Debianがxine-libのアップデートをリリースした。このアップデートによって、システム上で任意のコードを実行される問題が修正される。

Debian Security Advisory
http://www.debian.org/security/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

  5. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  6. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  7. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  8. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  9. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

  10. サポート終了のモバイルルータ「PWR-Q200」に脆弱性、使用中止を呼びかけ(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×