Web検索の安全性向上で提携、危険サイトを警告する新機能を提供開始(米McAfee、米Yahoo!) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

Web検索の安全性向上で提携、危険サイトを警告する新機能を提供開始(米McAfee、米Yahoo!)

米McAfee社と米Yahoo!社は5月6日(現地時間)、Yahoo! Search上でより安全なWeb検索を実現するために提携し、検索結果に含まれる危険なサイトをあらかじめ警告する新機能「SearchScan」のベータ版提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
米McAfee社と米Yahoo!社は5月6日(現地時間)、Yahoo! Search上でより安全なWeb検索を実現するために提携し、検索結果に含まれる危険なサイトをあらかじめ警告する新機能「SearchScan」のベータ版提供を開始した。

SearchScanは、サイトの安全性を評価するMcAfeeのSiteAdvisorテクノロジーをYahoo! Searchに統合したもので、スパイウェア、アドウェアなど悪質なソフトウェアを含むサイト、フィッシングサイト、大量のスパムメールを送信するサイトなどを判別してユーザーに警告するというもの。危険と判断したサイトは、赤いアイコンを付けて警告してくれる。これにより、ユーザーは危険なサイトへのアクセスを事前に回避でき、Web検索の安全性が向上する。また設定により、アクセスするだけでPCに被害をもたらす可能性のある危険サイトを、Yahoo! Searchの検索結果に表示させないことも可能。

現在、米国、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、スペインの各Yahoo!で提供されている。日本での提供時期は未定。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_08a.asp?pr=08/05/15-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×