2008年4月度の月間マルウェアランキングを発表 | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

2008年4月度の月間マルウェアランキングを発表

 キヤノンITソリューションズ株式会社は5月15日、2008年4月度の月間マルウェアランキング結果を発表した。このランキングは、ESETが開発したマルウェアレポーティング/追跡システム「ThreatSense.Net」によるもの。4月度のランキングでは、引き続きマルウェアファミリ「

製品・サービス・業界動向 業界動向
 キヤノンITソリューションズ株式会社は5月15日、2008年4月度の月間マルウェアランキング結果を発表した。このランキングは、ESETが開発したマルウェアレポーティング/追跡システム「ThreatSense.Net」によるもの。4月度のランキングでは、引き続きマルウェアファミリ「INF/Autorun」が第1位という結果になった。このマルウェアは、検出された脅威全体のうち約8%を占めている。

 ランキングの上位は、1位はPCの攻撃手段としてautorun.infファイルを使用するさまざまなマルウェアの総称である「INF/Autorun」(約7.75%)、2位はキーロガーとrootkitの機能を備えたトロイの木馬である「Win32/PSW.OnLineGames」(約6.20%)、3位はユーザにとって好ましくない動作をする可能性のあるアプリケーション「Win32/Adware.Virtumonde」(約3.58%)となっている。


キヤノンITソリューションズ:2008年4月の月間マルウェアランキング結果発表
http://canon-its.jp/product/nd/info/malware0804.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×