2008年4月度の月間マルウェアランキングを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

2008年4月度の月間マルウェアランキングを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

 キヤノンITソリューションズ株式会社は5月15日、2008年4月度の月間マルウェアランキング結果を発表した。このランキングは、ESETが開発したマルウェアレポーティング/追跡システム「ThreatSense.Net」によるもの。4月度のランキングでは、引き続きマルウェアファミリ「INF/Autorun」が第1位という結果になった。このマルウェアは、検出された脅威全体のうち約8%を占めている。

 ランキングの上位は、1位はPCの攻撃手段としてautorun.infファイルを使用するさまざまなマルウェアの総称である「INF/Autorun」(約7.75%)、2位はキーロガーとrootkitの機能を備えたトロイの木馬である「Win32/PSW.OnLineGames」(約6.20%)、3位はユーザにとって好ましくない動作をする可能性のあるアプリケーション「Win32/Adware.Virtumonde」(約3.58%)となっている。


キヤノンITソリューションズ:2008年4月の月間マルウェアランキング結果発表
http://canon-its.jp/product/nd/info/malware0804.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×