NTTデータがフィッシング対策サービス「RSA FraudAction」を導入(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

NTTデータがフィッシング対策サービス「RSA FraudAction」を導入(RSAセキュリティ)

 RSAセキュリティ株式会社は4月22日、株式会社NTTデータが同社の「ANSER-WEB」に、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用したと発表した。NTTデータは、個人向けインターネットバンキングサービス「ANSER-WEB」および法人向

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 RSAセキュリティ株式会社は4月22日、株式会社NTTデータが同社の「ANSER-WEB」に、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用したと発表した。NTTデータは、個人向けインターネットバンキングサービス「ANSER-WEB」および法人向けインターネットバンキングサービス「ANSER-WEB コーポレートエディション」により共同利用型のインターネットバンキングサービスを提供している。共同センターとして国内最大であり、利用金融機関数は約80に及ぶ。

 NTTデータは、安全なインターネットバンキングを実現するために、ワンタイムパスワードなど各種セキュリティ対策を実施しているが、今回さらなるセキュリティ対策として、フィッシングによる個人情報の詐取からインターネットバンキング利用者を保護する「RSA FraudAction」を導入する。閉鎖に関わる受付業務もNTTデータが提供する。導入により、「RSA FraudAction」の利用を望む金融機関はただちにサービスを利用開始でき、フィッシングサイトの早期閉鎖と利用者の被害拡大を防止でき、運用負担が軽減できる。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9348
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×