ソフォス、2008年1〜3月の「スパム送信国ワースト12」を発表 | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

ソフォス、2008年1〜3月の「スパム送信国ワースト12」を発表

 ソフォス株式会社は4月21日、2008年1〜3月の「スパム送信国ワースト12」を発表した。世界各地に展開する脅威解析センターおよびソフォスラボのリサーチャーが、上記期間の全メールを分析したところ、92.3%がスパムであった。また、ソフォスラボではスパムに関連した新

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ソフォス株式会社は4月21日、2008年1〜3月の「スパム送信国ワースト12」を発表した。世界各地に展開する脅威解析センターおよびソフォスラボのリサーチャーが、上記期間の全メールを分析したところ、92.3%がスパムであった。また、ソフォスラボではスパムに関連した新規のWebサイトを毎日23,300件発見しており、これは3秒間に1件の頻度になる。

 2008年1〜3月のスパム送信国ワースト12は、1位がアメリカ(15.4%)、2位がロシア(7.4%)、3位がトルコ(5.9%)、4位が中国(香港を含む)(5.5%)、5位がブラジル(4.3%)、6位が韓国(4.0%)、7位がポーランド(3.8%)、8位がイタリア(3.6%)、9位がドイツと英国(3.4%)、11位がスペイン(3.3%)、12位がフランス(3.2%)となっている。なお日本は0.5%で33位であった。


ソフォス:2008年1〜3月の「スパム送信国ワースト12」を発表
http://www.sophos.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×