インターネットの脅威動向をまとめた調査レポートを発表(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

インターネットの脅威動向をまとめた調査レポートを発表(ラック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ラックは4月15日、同社の国内最大規模のセキュリティ監視センター「JSOC」で行われる分析結果をもとに、2007年通期の日本国内におけるインターネット上の脅威動向を「JSOC侵入傾向分析レポートVol.10」としてまとめ、発表した。レポートによると、2007年は不正行為が企業のセキュリティ対策を意図的に回避し、巧妙に行われるケースが目立つようになった。

レポートでは2007年の特徴として、「Webアプリケーションの脆弱性を悪用したSQLインジェクションによりWebサイトを改竄し、Webサイトを閲覧したユーザに不正なプログラムをインストールさせる巧妙な攻撃が大規模に行われたこと」「コンピュータを不正に操作するボットの通信方法がTCPポート80に変化したこと」「パッケージWebアプリケーションを狙ったボットの増加が確認されたこと」「脆弱性が発見されてから時間が経ち、対策・解決することが可能な、古い脆弱性を狙った攻撃が大規模に行われており、これらもボットによる攻撃であると推測されること」の4点を挙げている。

http://www.lac.co.jp/news/press20080415.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×