ラック、「JSOC侵入傾向分析レポートVol.10」を発表 | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

ラック、「JSOC侵入傾向分析レポートVol.10」を発表

 株式会社ラックは4月15日、同社の国内最大規模のセキュリティ監視センター「JSOC」で行われる分析結果をもとに、2007年通期の日本国内におけるインターネット上の脅威動向を「JSOC侵入傾向分析レポートVol.10」としてまとめ、発表した。レポートによると、2007年は不正

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社ラックは4月15日、同社の国内最大規模のセキュリティ監視センター「JSOC」で行われる分析結果をもとに、2007年通期の日本国内におけるインターネット上の脅威動向を「JSOC侵入傾向分析レポートVol.10」としてまとめ、発表した。レポートによると、2007年は不正行為が企業のセキュリティ対策を意図的に回避し、巧妙に行われるケースが目立つようになった。

 レポートでは2007年の特徴として、「Webアプリケーションの脆弱性を悪用したSQLインジェクションによりWebサイトを改竄し、Webサイトを閲覧したユーザに不正なプログラムをインストールさせる巧妙な攻撃が大規模に行われたこと」「コンピュータを不正に操作するボットの通信方法がTCPポート80に変化したこと」「パッケージWebアプリケーションを狙ったボットの増加が確認されたこと」「脆弱性が発見されてから時間が経ち、対策・解決することが可能な、古い脆弱性を狙った攻撃が大規模に行われており、これらもボットによる攻撃であると推測されること」の4点を挙げている。


ラック
http://www.lac.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×