Dr.WEB、2008年3月のウイルス・スパムレビューを発表 | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

Dr.WEB、2008年3月のウイルス・スパムレビューを発表

 株式会社ネットフォレストは4月7日、「2008年3月のウイルス・スパムレビュー」を発表した。発表によると、2008年3月は検出・修復が困難なブートキット「BackDoor.MacosBoot」の亜種が流行した。また、ICQ経由での「Trojan.PWS.LDPinch.1941」感染に関する問い合わせが

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社ネットフォレストは4月7日、「2008年3月のウイルス・スパムレビュー」を発表した。発表によると、2008年3月は検出・修復が困難なブートキット「BackDoor.MacosBoot」の亜種が流行した。また、ICQ経由での「Trojan.PWS.LDPinch.1941」感染に関する問い合わせが数多く寄せられたほか、ヘッドハンターの誘いを装ったトロイの木馬も確認されている。迷惑メールでは、zipファイルが添付されたものが登場している。zipファイルの中身は単なるHTMLファイルでありドラッグの販売サイトへの誘導となっているが、アンチスパム製品によっては検出し難しいという。

 2008年3月に新たにウイルスデータベース(vdbファイル)に登録されたマルウェアの件数は37,678件で、これにより登録総数は349,851件となった。2008年3月の1ヶ月間にメールサーバ上で検出されたメールウイルスの上位は、1位「Win32.HLLM.Netsky.35328(27.39%)」、2位「Win32.HLLM.Beagle(10.77%)」、3位「Win32.HLLM.Netsky.based(8.11%)」。またユーザのPC上で検出されたウイルスの上位は、1位「Trojan.Click.17013(20.89%)」、2位「DDoS.Kardraw(15.26%)」、3位「Win32.HLLW.Autoruner.437(5.84%)」となっている。


Dr.WEB:2008年3月のウイルス・スパムレビュー
http://drweb.jp/news/?20080404
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×