Flybeが「RSA enVision」で顧客クレジットカード・データの保護を拡充(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

Flybeが「RSA enVision」で顧客クレジットカード・データの保護を拡充(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は3月13日、地域航空会社FlybeがPCIデータ・セキュリティ基準「PCI DSS」に準拠するために「RSA enVision」を採用したと発表した。「PCI DSS」は、VISAやMasterCard、American Expressなどの世界の主要クレジッドカード会社が策定したセキュリテ

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は3月13日、地域航空会社FlybeがPCIデータ・セキュリティ基準「PCI DSS」に準拠するために「RSA enVision」を採用したと発表した。「PCI DSS」は、VISAやMasterCard、American Expressなどの世界の主要クレジッドカード会社が策定したセキュリティ基準。顧客のクレジットカード・データの保管やアクセスの保護に関する厳密なガイドラインを定めている。

Flybeは、航空券予約の85%がオンラインで行われていることから、顧客のクレジットカード・データを保護するための対策を考えていた。同社は今回の「RSA enVision」の導入により、ネットワーク・リソースへのすべてのアクセスを中央集中型で追跡、監視、カード所有者情報を保護できるようになったとしている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9260
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×