日本トラスティ・サービス信託銀行がワンタイム・パスワードを採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

日本トラスティ・サービス信託銀行がワンタイム・パスワードを採用(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

RSAセキュリティ株式会社は1月15日、日本トラスティ・サービス信託銀行が、同行のオンライン情報提供サービスのセキュリティ・オプションとして、ワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。日本トラスティ・サービス信託銀行は資産管理に特化した銀行で、信託の運用管理報告書をはじめとする情報サービスをオンラインで提供している。

今回、情報サービス利用時のログイン認証には、セキュリティ・ポリシーに準拠するために二要素認証を使いたいという顧客企業の要望を受け、ワンタイム・パスワード認証の実施を決定した。同行は顧客にRSA SecurIDを無料で配布し、2008年2月から認証を開始する予定。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9073
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×