日本トラスティ・サービス信託銀行がワンタイム・パスワードを採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.04.13(火)

日本トラスティ・サービス信託銀行がワンタイム・パスワードを採用(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は1月15日、日本トラスティ・サービス信託銀行が、同行のオンライン情報提供サービスのセキュリティ・オプションとして、ワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。日本トラスティ・サービス信託銀行は資産管理に特化した銀行

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は1月15日、日本トラスティ・サービス信託銀行が、同行のオンライン情報提供サービスのセキュリティ・オプションとして、ワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。日本トラスティ・サービス信託銀行は資産管理に特化した銀行で、信託の運用管理報告書をはじめとする情報サービスをオンラインで提供している。

今回、情報サービス利用時のログイン認証には、セキュリティ・ポリシーに準拠するために二要素認証を使いたいという顧客企業の要望を受け、ワンタイム・パスワード認証の実施を決定した。同行は顧客にRSA SecurIDを無料で配布し、2008年2月から認証を開始する予定。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=9073
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×