海外における個人情報流出事件とその対応 第161回 多様化を続けるネット犯罪者の市場(2)検挙が難しいネット犯罪者向けサービス | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

海外における個人情報流出事件とその対応 第161回 多様化を続けるネット犯罪者の市場(2)検挙が難しいネット犯罪者向けサービス

●インターネット犯罪のクリスマス商戦

国際 海外情報
●インターネット犯罪のクリスマス商戦

クリスマスには欧米諸国では、配偶者やパートナー、子どもだけではなく、親戚や友人、仕事関係者まで幅広い相手にプレゼントを贈る。そのため、クリスマス商戦において、小売店は年間売り上げの3割近くを達成することもあり、11月下旬から12月にかけてはショッピングの季節だ。

 しかし近年、この時期、消費者の購入意欲に応じて、サイバー犯罪者も大活躍する傾向にある。知人からのeクリスマスカードと装って、ウィルスを送りつけたり、オンラインショッピングのユーザから金融情報を奪ったりする。

 ヴィジャヴヤンは『Computerworld』の記事で、サイバー犯罪者向けクリスマスアイテムをいくつか紹介している。その1つは、

・ストームワームで作成するボットネット。高い技術を持ったハッカーを念頭に用意したツールで、応答速度の速いDNSサーバ、ボットネットなどがセットに含まれる。さらに40バイト鍵を使った最新の暗号化機も搭載している。

というものだ。

 これが、今年のクリスマスで最もホットなアイテムらしい。料金は10万米ドルからと、一見すると高い買い物のようだ。しかし、有効に利用すると、元は十分に取れる。

 10万ドルなどという大金を元手として用意できない場合は、レンタルも可能だろう。料金はさまざまだが、1日ボットネットをレンタルすると2500ドルという話もある。レンタル期間にうまくスパムを送信すると、4000ドルの収入も可能だという。レンタルの料金体制は通常時間単位となっているそうだから、予算に応じて利用すればいい。そして当然、元手が大きければ大きいほど、利益も大きくなり、クリスマス前にしっかり稼げるという計算だ。

●ボットの無料レンタルやオークション

 クラシファイドには、"売ります"、"買います"以外に"あげます"、"ください"のセクションもあるが、インターネット犯罪でも、RentABot.org のように無料でボットを借りることができるサービスもある。巨大ボットへのアクセスを無料で提供するというものだ。

 その他、犯罪者に便利なサービスとして、メールドロップサービスもある。利用者に住所を提供して、郵便物を受け取り、利用者が指定する住所へ転送するものだが、最近では郵便物用の住所だけでなく、e-mailアドレスも提供。検挙される心配なしにインターネット犯罪を行うことができる。

 また、昨年7月にカリフォルニアのウェブセキュリティの会社、Finjanが…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました購読会員登録案内
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×