マカフィー、タイポスクワッティングに関する研究報告書を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

マカフィー、タイポスクワッティングに関する研究報告書を発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は11月20日、タイポスクワッティングと呼ばれる危険なサイバー行為に焦点を当てた研究報告書を発表した。タイポスクワッティングとは、スペルの間違いによるドメイン名の不正占有のこと、タイポスクワッターが、インターネット利用者を別の Webサイトに誘導するために、有名ブランド、製品、人物名にありがちなスペルミスのドメイン名を登録している。このようなサイトはクリック数で広告収入を得たり、また不用心なインターネット利用者をだまして電子メールアドレスを収集したりする場合もあり、スパムメールの増加にもつながっている。

研究報告書では、最も一般的なドメイン名の2,771件を変形した190万の名前を調べた結果、以下のことが判明したとしている。

・人気サイトのURLのスペルミスでは、14回中1回の割合でタイポスクワッターのサイトにアクセスする可能性がある。
・特にターゲットになっているのが子供向けサイトで、不法占拠されている上位100サイトのうち60以上が18歳以下の年齢層をターゲットにしており、タイポスクワッターはwebkinz.com、clubpenquin.com、neopets.comなどのドメインをターゲットにしていた。
・タイポスクワッターの中には、スペルミスを利用して、子供にポルノを見せるものがある。検証した全タイポスクワッターサイトの2.4%、46,000件以上にアダルト系のコンテンツが含まれており、中には子供向けサイトの不法占拠もあった。
・最も不法占拠率の高い5つのカテゴリは以下の通り。
 ・miniclip.com、runescape.com、minijuegos.comなどのゲームサイト(不法占拠率:14%)
 ・ryanair.com、united.com、lufthansa.comなどの航空会社のサイト(同率:11.4%)
 ・vh1.com、globo.com、qvc.comなどの大手メディアサイト(同率:10.8%)
 ・plentyoffish.com、true.com、singlesnet.comなどの出会い系サイト(同率:10.2%)
 ・テクノロジ、Web 2.0関連のサイト(同率:9.6%)
・多くのタイポスクワッターサイトは、自動広告サービスを利用して収入を得ている。今回の研究では、ある検索エンジンの広告が、タイポスクワッターサイトと思われるサイトの19.3%で表示された。
・米国以外で、有名サイトの不法占拠の割合が最も高かった国は、イギリス(7.7%)、ポルトガル(6.5%)、スペイン(5.9%)、フランス(5.4%)、イタリア(4.1%)であった。
・米国以外で、不法占拠の割合が最も低かった国は、オランダ(1.5%)、イスラエル(1.1%)、デンマーク(1.0%)、ブラジル(0.9%)、フィンランド(0.1%)となっている。


McAfee 研究機関による調査報告書
http://www.mcafee.com/japan/security/publication.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×