2007年上半期の情報分析レポートを発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

2007年上半期の情報分析レポートを発表(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社Kaspersky Lab Japanは、情報分析レポート「Kaspersky Security Bulletin 2007年1月〜6月」をリリースしたと発表した。レポートは、2007年上半期における悪意あるプログラム・スパム・悪意あるサイトの進化について分析したもの。レポートによると、2007年上半期には画像ファイル付きスパムメール(画像スパム)の作成に使用する技術の改良が再び行われたが、あまり成功せずに添付画像(.gif、.jpegなど)を利用したスパムは減少し始めた。今年1月、画像スパムのシェアはスパム全体の33%を占めたが、3月には25.7%まで減少し、6月には18.8%まで減っている。

その後は無料ホスティングWebサイトに画像を置く手法や、画像を背景として利用する手法、PDF形式のスパムなどの新手法が発見されているが、すぐにスパムフィルタで対応された。またレポートによると、上半期におけるスパムの主なカテゴリ別シェアは「医薬品:健康関連商品およびサービス(スパム全体の17.3%)「教育(13.8%)」「コンピュータ・インターネット(9.2%)」「コンピュータ詐欺(8.9%)」「電子広告サービス(8.3%)」となっている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578612
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×